斜里町内の小型宿泊施設「SUBAKO」オーナー募集

2022年07月26日 17時45分

建設業の強み生かし丹羽工務店が新事業

小型宿泊施設SUBAKOの完成予想図

 建設業の強みを生かした宿泊業を―。丹羽工務店(本社・斜里)は、斜里町内で施工中のグランピング施設敷地内で建てる小型宿泊施設「SUBAKO」のオーナーを募集する。10年単位での契約で300万円弱を想定。契約満期となっても同社がメンテナンスする際、契約者が費用を負担することで、さらに10年契約を継続できる。

 人口減などで戸建ての需要が先細りする中、新しい工務店の在り方を模索。そこで同社が得意とするリフォーム・リノベーションと飲食・宿泊業を掛け合わせた。コロナ禍でキャンプの需要が高まっていることもあり、グランピングとそれに伴う小型宿泊施設貸し出しに踏み切る。

 「泊まるから過ごすを提案」がコンセプト。SUBAKOはW造、ロフト付き平屋、延べ7・5m²の規模で、ワーケーションや地元住民の普段使い、アウトドアや釣り好きの旅行者が長期滞在する際の拠点としての利用を視野に入れる。不在時は同社が維持管理を担う。オーナーは滞在中FIRESIDE(本社・長野)の薪ストーブやテント用サウナなどを自由に利用できるほか、SUBAKOを貸し出した場合、宿泊費の2割程度を収入として得られる。

 丹羽豊文社長は「斜里町を通過点としてだけではなく、過ごしてもらい地域の良さを知ってほしい。ここから道東各地を回って魅力に触れてもらえれば」と話す。

 斜里町以久科北106の4で着工しているグランピング施設は年内に飲食店をプレオープンし、2023年に全面オープンする予定だ。


関連キーワード: オホーツク 宿泊施設 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,050)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,863)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,751)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。