長沼町フラワーパークの売買契約が白紙に

2022年09月01日 17時25分

売却先のホテルショコラが民事再生申請

 長沼町が町有地フラワーパークの売却先に決めていた英国チョコレートブランドのホテルショコラ日本法人(本社・東京、長瀬寛幸代表)が東京地裁へ民事再生法の適用を申請したことで、9月を見込んでいた土地売買の契約が白紙となった。今後の対応については、町議会に経過報告しながら方針を判断する考えだ。

 8月31日の町議会産業建設文教常任委員会で同社の適用申請を報告した。

 同社は7月28日に適用申請した。負債は債権者約100人に対し51億4000万円(うち親会社への債務が約39億円)。2018年7月に設立し、全国で積極的な店舗展開をする一方、親会社からの輸入コストがかさんで損失が加速。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で売上高は大きく減少し、22年に入ってウクライナ情勢による為替変動や物価高が追い打ちとなり、法的手続きで再建を目指すことになった。

 東4線北10号の町有地フラワーパーク11.6haの売買について、町が公募型プロポーザルで同社を契約候補者に決め、21年6月の町議会で財産処分の議案を可決した。同社はチョコレート工場や宿泊施設、カフェを含む観光施設などの新築を計画。23年の着工、24年の稼働を想定。土地売買価格は2324万8300円とし、21年9月にも契約する見通しだった。

 その後、土地が斜面のため雨水が流れやすいことから、町と同社の責任分担などを協議。土地調査などの遅れもあったが、町は同社の用地確定測量や手続き後のことし9月にも契約したい意向だった。

 町は8月3日に東京で開かれた同社の債権者説明会にオンラインで参加。再生計画はまとまるまで6カ月ほどかかる見通し。今後については契約候補者の取りやめ、再生計画を待ってからの判断など、さまざまなケースを検討し判断する考えだ。


関連キーワード: 土地売却 宿泊施設 工場 空知 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。