ひと 2023 北大工学研究院空間性能システム専攻の研究生 中野佑美さん

2023年01月07日 08時00分

積雪寒冷地の住環境をもっと学びたい

 「自分ができることをベースに北海道のため何かしたい。夢は地元長沼町の暮らしにアドバイスできるような研究者になること」

 高校卒業後、大工になるため室蘭工大に進学。「実家が工務店で、自分も当たり前に大工になるものだと思っていた」

中野佑美さん

 在学中、フィンランドのラップランド大学への留学がきっかけで積雪寒冷地の住環境に強く興味を持ち、北大工学研究院の修士課程に進んだ。そこで「積雪寒冷地における社会的弱者の住環境の実態」をテーマに研究し、学会での発表やワークショップへの参加など勢力的に活動してきた。

 「社会的弱者とは低所得者や障害者、高齢者、ひとり親家庭など声を出しづらい人たち。だからこそ、社会的に守らなければいけない」。弱者が衣食住の負のスパイラルに陥らないよう、まずは「一定の住宅の質の担保」が重要と説く。

 「スウェーデンなど諸外国では、暖かい家は人権の一つと考えられている。最低室温は18度以上でなければならないとする『室温規制』があるが、日本にはない」

 北海道と同じ積雪寒冷地であるスウェーデンの住環境や住宅支援制度などをもっと学びたいと思い、2020年夏からの留学を計画するも、コロナ禍で渡航はかなわなかった。春からは博士課程に進学予定で、試験の準備を進める。博士課程の3年間で留学のリベンジを誓う。

 1995年生まれ、長沼町出身。休日は18年に入会した長沼町青年団体協議会の活動に参加するなどアクティブに過ごす。(惣田こころ)


関連キーワード: インタビュー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

セントラルリーシング、千歳に複合レジャー拠点
2023年02月24日 (20,423)
イオン新店舗周辺の3路線を改良 室蘭市が24年度着...
2023年02月24日 (14,702)
真駒内地区義務教育学校、24年秋ごろ着工
2023年02月27日 (5,079)
ラピダスが千歳に半導体工場建設へ
2023年02月27日 (4,381)
来場者の五感を刺激 エスコンフィールド内覧会で実感
2023年03月11日 (3,856)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第251回「マスクの使い方」。換気がよい戸外ではそろそろ外しても大丈夫です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第30回「春を待つ街路樹」。街を彩り、運転をしやすくする、景観のお助けアイテムとも言えます。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第28回「『学び直し』の機会提供」。職場内の意識が改革され、多様性が取り入れられます。

連載 北海道開発事業費
見え始めた未来像
2023年度

迫る巨大地震
2023年度の北海道開発事業費を検証しながら、本道建設業の課題を整理する。