土木学会がインフラメンテ賞発表 道内は稚内港北防など

2023年02月17日 08時00分

プロジェクト賞に選ばれた稚内港北防波堤ドーム予防保全事業

 土木学会は15日、2022年度インフラメンテナンス賞の受賞者を発表した。道内関係は、プロジェクト賞でJR北海道鉄道事業本部工務部工事課による降雪期での分岐器不転換防止対策や稚内開建稚内港湾事務所の稚内港北防波堤ドーム予防保全事業など3件が選定された。授賞式は27、28日に東京都内で予定する第2回インフラメンテナンス・シンポジウム内で開く。

 土木学会では、21年度にインフラメンテナンス分野の表彰制度を創設。インフラメンテナンス分野に特化し、優れたプロジェクトや人・団体、個別要素技術、論文を評価し、共有することでメンテナンス関係者のインセンティブを高めることを目的としている。

 22年度は表彰小委員会の選考を経てプロジェクト賞6件、チャレンジ賞10件、エキスパート賞8件、マイスター賞14件、特別賞1件、優秀論文賞6件が選ばれた。

 プロジェクト賞は、地域の社会・経済・生活の改善に寄与したプロジェクトを表彰。道内関係を見ると、JR北海道鉄道事業本部工務部工事課による降雪期での分岐器不転換防止対策は、積雪寒冷地で鉄道の安定輸送を確保するために分岐器融雪ピットを開発。持ち込み雪や落下雪による不転換対策に長年取り組んできた。開発後も改良を重ね、道内84カ所に設置している。

 稚内開建稚内港湾事務所の稚内港北防波堤ドーム予防保全事業は、変状を鉄筋腐食リスクにリンクさせた5段階の劣化度で格付けし、エリア単位で評価した劣化度マップを考案。床版部外面の補修工事を進め、歴史的価値のあるドームの予防保全に取り組んでいる。

 東日本高速道路は高速道路リニューアルプロジェクトで受賞。関東支社京浜管理事務所や新潟支社長岡管理事務所とともに北海道支社札幌管理事務所が関わった。高速道路の長期健全性確保に向けた大規模更新・修繕でロードジッパーシステムによるシームレスな車線切り替えや地域の特性を考慮した交通規制を展開し、円滑で安全な交通確保を実現した。

 特別賞には、建設現場やそこで働く人々にスポットを当てた写真集を出版している写真家の山崎エリナさんが選ばれた。


関連キーワード: 土木

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,718)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,500)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,203)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (829)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。