寿都町が旧鰊御殿の橋本家を15年度に本格整備

2015年03月19日 19時22分

 寿都町は、観光の目玉として活用するため、以前から補修を進めてきた漁場建築の角十佐藤家に加え、2015年度からは旧鰊御殿の橋本家でも本格的な整備に取り掛かる。橋本家は母屋などの改修や管理棟を新築し、佐藤家は補修とともに国の史跡申請を進める。両家の改修・補修などは15年度内で終える予定だ。

 道の指定有形文化財となっている角十佐藤家は、国道229号沿いの歌棄有戸163に位置。源義経の家臣で佐藤継信の末裔(まつえい)と伝えられる人物が、明治初期にニシン漁で得た豊富な資金で建てたもので、現存する漁場建築でも代表的な遺構となっている。規模はW造、2階、延べ741m²。

 12年度から5カ年計画で補修を進めており、15年度は2000万円余りを措置。外壁と2階、屋根部分の補修がメーンになる。並行して国指定の史跡に申請をして、観光スポットとして箔(はく)を付けたい考えだ。

 一方、歌棄町有戸14に立つ橋本家は、かつて商社としての機能を果たし、角十佐藤家と協調して寿都町を繁栄させた歴史的建造物だ。規模は母屋がW造、2階、延べ418m²のほか、2階、延べ79m²の土蔵、延べ126m²の倉を併設している。

 15年度は母屋の外壁、土台を改修するほか、内部装飾などを復元する作業を進める。併せて、管理棟の新築にも着工する。春先に実施設計を発注して、8月に着工したい考え。管理棟の規模はW造、平屋、延べ74m²を見込む。15年度予算として約8800万円を見込む。

 同町では「将来的に、橋本家の倉は地域コミュニティーの場として活用し、ミニコンサートなどが開ければ。母屋は博物館のように中を見学できる格好にしたい。佐藤家は、昔の生活が追体験できる施設に」と話している。


関連キーワード: 建築 歴史的建造物 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,992)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,074)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,642)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,435)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,296)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。