シベリアこぼれ話 ノボシビルスクを訪ねて(上)

2018年03月13日 15時00分

 ロシア滞在中の2月12日、国内外の投資プロジェクトを推進する「ノボシビルスク州投資発展エージェンシー」を訪れた。ズィリャノフ・アレクサンドル社長は「ノボシビルスクは国内でも建設業が盛んな地域で、経済でも優先分野となっている」と話す。現在、建設資材に関する先進技術センターを建てる計画が郊外で進行中だという。

 同社は州政府100%出資会社で2005年に設立。積極的な企業誘致や研究支援で先進的な技術を取り入れ、同州の発展に貢献している。

 同社が既に進めている投資プロジェクトの一つが産業・ロジスティクパーク。総面積2000haの敷地内には、食品やガラス、コンクリート工場といった多様な国内外の企業が立地する。シベリア横断鉄道沿いに位置し、国際空港も数㌔圏内にあるなど物流体制も整っている。

 計画中の先進技術センターでは、資材会社と大学、研究所が提携し、原料の採掘から実用化までのプロセス構築を目指す。省エネ技術やスマートシティのほか、ことし6月にノボシビルスク市が125周年を迎えることから、まちづくりへの関心も高い。「知識を応用して新しい材料を作ることが大事で、人材育成にもこれから力を入れたい」と、日本の大学や研究所との協力に期待している。

 同市の郊外にある学術都市「アカデムゴロドク」は、ノボシビルスク国立大などの教育機関と40カ所以上の研究所、約400社が入居するテクノパークで構成される。ITやバイオ、医療分野などを中心に先進的な研究が進み、日本の研究機関とも提携している。建設分野でも互いのノウハウを生かして、さらなる技術向上が図れそうだ。

「アカデムゴロドク」の州政府機関ビル

「アカデムゴロドク」の象徴となる州政府機関ビル

 2月13―16日にロシア・ノボシビルスク市で開かれた建設展示会の取材に合わせ、現地の様子を視察した。3回にわたって紹介する。(経産産業部・武内紫衣奈)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,112)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,144)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,567)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,287)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,113)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。