テレワーク普及へ 斜里町で地域見学会

2019年11月19日 10時00分

都会ではできないことを体験

 道は14日、テレワークの普及を目的に、斜里町で首都圏の企業を対象とした地域見学会を開いた。道や町の担当者、テレワーク事業関係者ら計8人が参加。知床国立公園内の知床自然センター周辺を散策し、地域の魅力を肌で感じた。

 斜里町には、テレワーク施設「しれとこらぼ」があり、首都圏のIT企業を中心に利用されている。ことし5月には産業会館の内装改修やWi―Fi環境整備が完了。町内外の誰もが働ける環境づくりに力を入れている。

自然遺産内を散策する参加者

 この日は、午前中に斜里町の担当者がテレワーク事業の取り組みを説明。午後は、知床自然センターに場所を移し、散策路を歩きながら知床連山や生息するシカの様子などを見学した。

 北見市や斜里町でテレワークを実施しているZoops Japan(本社・東京)の鈴木千秋取締役は「しれとこらぼの職員さんが、自分たちが仕事をしている日中、子どもを牧場や博物館に連れて行ってくれるなど、都会ではできないことを体験できる」と魅力を話していた。


関連キーワード: オホーツク 働き方改革

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,134)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,162)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,528)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,204)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,094)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。