ながぬま温泉と道の駅 キャメル珈琲が指定管理者に

2021年01月22日 15時30分

 長沼町は20日、ながぬま温泉[MAP↗]と道の駅マオイの丘公園[MAP↗]の各指定管理候補者として、いずれも全国で「カルディコーヒーファーム」を展開するキャメル珈琲(本社・東京)に決定したと発表した。応募に当たっては独自投資事業も提案している。2月開会の定例町議会に議案として提出。可決後、3月末までに指定管理者の協定を締結する。

 指定管理者の公募は、ながぬま温泉に2社、道の駅マオイの丘公園に3社がそれぞれ応募。選定委員会の審査結果で、どちらもキャメル珈琲が最高得点で候補者に決まった。指定管理期間は2021年4月1日から26年3月31日までの5年間。

 事業形態は指定管理区域の土地や建物の賃貸無償。その他の区域の活用については協議が必要だが、同社は指定管理事業のほか独自投資事業を提案。事業の詳細は、2月の定例町議会で議案可決後に公表となる予定だ。

 キャメル珈琲は、町が実施した旧南長沼小・中両校[MAP↗]の跡地施設活用事業の公募でも契約候補者に選ばれており、近く土地・建物の売買で仮契約を結ぶ見通し。敷地内にコーヒー関連工場や食品生産工場の新設などを予定し、今後10年の総投資額に33億円を想定する。

 担当の産業振興課では「民間のノウハウを存分に発揮してもらえたら」と大きな期待を寄せている。

(北海道建設新聞2021年1月21日付4面より)


関連キーワード: 入浴施設 空知 観光 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,721)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,501)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,205)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,085)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (874)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。