東日本大震災復興への歩み

 地獄のような光景がテレビで生中継された。海沿いの街に巨大な津波が押し寄せ、住宅や工場などの建物を破壊し、船や車、人々をのみ込んでいった。

 悲しみや怒り、戸惑いが交錯する被災地。街の復興と住民の生活再建に全国から支援の輪が広がり、道内の建設会社も貢献してきた。

 仮設住宅での暮らしを余儀なくされている被災者はまだ大勢いるが、復興は確実に進展している。

 過去の津波で悲惨な経験をしている本道も対岸の火事ではない。有事の自然災害に備えて検証と対策が求められる。

目次
e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.2k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。