空き家で拓く未来

 道内の空き家を巡る状況が変わってきた。民間事業者の関わりが増え、障害者グループホームや外国人技能実習生の住まい、さらにはコロナ禍を背景とした地方移住・滞在希望者の受け皿など、活用方法が多様化している。空き家対策特措法の施行から5年過ぎたが、空き家の多くは依然として放置されたまま。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

空き家で拓く未来(下)代執行、重い経費

2020年11月06日 12時00分

「壊す理由」の根拠集め まるで探偵

 旧炭鉱住宅が残る三笠市弥生町の一角。崩れて原形をとどめない状態だった空き家が今月16日、解体の工程に入った。

三笠市は代執行で空き家の撤去を始めた(弥生町2丁目)

 実施主体は市だ。元の所有者は20年前に亡くなり、相続人も一部所在不明で解体の意思統一ができない。周辺住民の安全確保を考慮して、市が代執行に踏み切った。

 住宅は私有財産で、自治体は本来手を出せない。法的な道筋がついたのは、2015年春施行の空き家対策特別措置法によってだ。危険な家屋の整理が進むとも期待されたが、現実には、道内で代執行に至った例は昨年10月時点で11件にすぎない。

 なぜ進まないのか。一因は、自治体が壊すほかないと判断する根拠集めに労力がかかることだ。三笠市が今夏解体した旧医院兼住宅は、登記上の所有者は故人で、関東在住の子どもは相続放棄していた。市は子どもに文書で管理を呼び掛けたが反応がない。そこで戸籍をたどるなどして、相続の可能性がある別の16人を洗い出した。

 最終的に15人と接触して相続放棄を確認したが、1人は連絡が取れない。住民票のある関東の市役所に依頼し、住所を訪ねてもらっても所在がつかめなかったことから、代執行に至った。

 法人が持つ物件の場合、相続制度がない。室蘭市が今春解体した市中心部の空きビルは、昔あった企業が所有者になっていた。市担当者は法人登記資料などから当時の取締役を割り出し、親族が東北在住と分かって現地に飛んで面談。それでも有力情報は得られず、所有者不明と結論付けた。

 探偵さながらの作業の後に、最大の壁が待ち受ける。解体経費だ。室蘭のビル解体なら1億3800万円。国から一定の補助は出るものの、自治体負担分は事実上持ち出し。更地にした土地が高く売れれば回収できるが、地価は安く、買い手も簡単には見つからない。「空き家は放置すれば市が解体するという考えが広まると、担当者の業務が増え、財政も圧迫する」(力弓晃継三笠市建設課長)。

金融機関が自治体向け対策支援も

 代執行に頼るより、建物に危険がない段階で手を打つ方が地域の負担は少ない。現状では、所有者に対処を働き掛けるのが王道だ。そんな中、民間企業から、自治体の空き家対策をサポートする動きが出てきた。

 北洋銀行は9月中旬の週末、夕張市と当麻町の空き家相談会を、札幌・大通の同行本部ビル内ホールで開いた。相続人が地元にいない空き家が多いことを受け、札幌圏在住の所有者に対策を促す狙いだ。会場では北海道行政書士会、全日本不動産協会のほか、物件借り上げサービスの日本管理センター(東京)、不用品整理のネクステップ(札幌)など、関連しそうな企業がブースを構えた。

 ふたを開けると夕張9件、当麻8件の空き家所有者が来場。不動産鑑定や売却などさまざまな見積もり依頼が発生した。イベントは、北洋銀が連携協定を結ぶ自治体向けに18年に始めた取り組みの一環で、自治体の支出はゼロ。夕張市建設課の草野憲蔵建築住宅係長は「来場者数は予想の倍以上。来年も開く方向で調整中」と手応えを感じている。北洋銀は物件処理から派生する資金需要や、関連ビジネスのマッチングを視野に入れる。

 北海道銀行もこの分野に着目。昨秋、空き家問題の専門家を地元に育成する趣旨で、鷹栖町と東京の資産評価業者との連携協定をコーディネートした。7月には月形町でも同様の連携を実現した。

 少子高齢化で住宅から人が抜け続ける一方、問題解決に知恵を絞るプレーヤーの裾野は広がっている。感染症を機に時代が大きく動き始めた今、空き家に光が差し込む。

(北海道建設新聞2020年10月28日付1面より)


空き家で拓く未来 一覧へ戻る

(本連載は経済産業部の宮崎嵩大、武山勝宣、吉村慎司、空知支社の荒井園子、室蘭支局の高橋秀一朗、網走支局の堀内翼、福田浩平が担当しました)

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.4k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。