行政・予算

道の駅、ゼロカーボンへ 余市町が再エネ導入調査着手

2022年06月29日 16時00分

 余市町は、7月にも再生可能エネルギー導入調査に着手する。新たな道の駅で地中熱ヒートポンプなどゼロカーボンを実現する設備の採用や、特産品であるワインの醸造残さを活用したメタン発酵発電の実現可能性を探る。2定補正で調査委託費5223万9000円を予算化。再エネビジョンを策定したパシフィックコンサルタンツと随意契約し、年度末まで進める。

関連キーワード: エネルギー 後志 道の駅 酒造

レンタルラボ誘致を検討でニーズ調査に着手へ 札幌市

2022年06月29日 08時00分

 札幌市経済観光局は、化学などの分野で装置や薬品を使って実験するための研究室となるウェットラボの環境構築に向けたニーズ調査に着手する。加えて、スタートアップなどのイノベーション拠点構築に向け、求められる機能を調べる。これらの調査結果を基礎資料とし、今後のレンタルラボ誘致などに生かす考えだ。

関連キーワード: さっぽろ圏

新道東、南郷18丁目駅周辺で270haの浸水対策

2022年06月28日 19時14分

 札幌市下水道河川局は、浸水対策の基本検討に着手する。対象は地下鉄の東豊線新道東駅(東区)、東西線南郷18丁目駅(白石区)周辺の合わせて270ha。検討結果を踏まえて浸水対策の優先度を定め、早ければ2024年度に実施設計に着手する。

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-(中)仕事が想像できる求人票に

2022年06月28日 17時29分
激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-(中)仕事が想像できる求人票に

 釧路市と市内経済団体などで構成する釧路市地域雇用創造協議会は6月、釧路センチュリーキャッスルホテルで3回にわたってセミナーを開き、若年層が企業を選ぶポイントや効果的な求人票の書き方、定着率が上がる賃金・評価制度を伝えた。各回の講演概要を紹介する。道内の総人口は570万人をピークに右肩下がり。リクルートワークス研究所の中途採用実態調査では、必要な人員を確保できた割合が低下し続けている。4月のハローワーク釧路管内有効求人倍率は、全道平均を上回る1・28倍。道内でも倍率が高い。

北る データセンター(下)千葉県印西で進む集積

2022年06月28日 10時00分
北る データセンター(下)千葉県印西で進む集積

 データセンター(DC)の建設ラッシュが北海道に近づいている。本道は国が進めるDC地方分散先として名前が挙がり、夏にも大型計画が明るみに出る可能性がある。3回の連載で北海道とDCの未来を探る。北海道で大規模データセンター(DC)が集積する未来はあるのか、それはどんな姿なのか。ヒントを示唆するのが千葉県印西市だ。都心から電車で1時間強、郊外ニュータウンの広がる「INZAI」では今、世界のDC事業者が大規模施設の建設を進めている。電力網の強化工事も急ピッチだ。背景には強固な地盤や巨大人口の近さといった好条件と、首長の率先した行動があった。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,128)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,326)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,219)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,736)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,330)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。