行政・予算

19年度は河床掘削代行は12河川、14万2000㎥ 道建設部

2019年07月01日 07時00分

 道建設部は、2019年度の砂利採取業者による河床掘削代行工事を4建管の12河川15カ所で計画している。公募予定数量は14万2000m³で、室蘭建管はその8割に当たる数量を予定している。掘削代行希望者の公募は、大部分が渇水期を控える秋以降に公告となる見通しだ。

関連キーワード: 北海道庁

大樹で有料自動運転バス/開発局の実証実験が終了

2019年06月29日 12時00分
大樹で有料自動運転バス/開発局の実証実験が終了

 北海道開発局が、5月18日から大樹町で実施した自動運転サービス実証実験が21日に終了した。開始から3週間時点では延べ310人が利用し、自民党の二階俊博幹事長ら国会議員も視察に訪れた。実験結果から運行システムや事業採算性などを検証し、将来の自動運転社会実装につなげていく。

関連キーワード: 十勝 開発局

地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想

2019年06月28日 18時00分

 札幌市は地下鉄中島公園駅周辺まちづくりの基本構想について、駅を中心に半径400㍍を対象に策定する方針だ。地区全体のほか、周辺の地区特性に合わせ、エリアごとに方向性を示すことを検討する。

関連キーワード: さっぽろ圏 再開発

要件緩和で分譲促進を検討 北見ハイテクパーク

2019年06月28日 15時00分

 北見市の辻直孝市長は26日の定例市議会で、工業団地・北見ハイテクパークについて分譲要件を緩和し、分譲促進を進める考えなどを示した。代表質問に立った安藤憲彦氏(市政クラブ)への答弁。

関連キーワード: スポーツ 工業

バイオガスからメタノール製造 阪大と興部町が技術開発へ

2019年06月27日 12時00分

 大阪大と興部町は、バイオガスからメタノールを製造する技術開発と実用化検討を共同で始める。乳用牛などの家畜ふん尿から得られるバイオガスを原料に、メタノールとギ酸を製造。コア技術が確立すれば、町営プラントから年間80㌧のメタノールと400㌧のギ酸が得られると試算している。全国の乳牛や肉用牛135万頭から試算すると約1700億円分(350万㌧)のメタノールに相当し、電力供給が不安定な地域への燃料供給に貢献する技術などとして期待できるという。

関連キーワード: オホーツク 酪農

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • web企画
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,690)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,518)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,343)
地下鉄南北線さっぽろ駅にホーム増設
2019年10月12日 (1,808)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,757)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。