「道の駅」に関する記事

焦点2022 写真で読み解くこの1年(4)当別町にロイズタウン駅

2022年12月29日 10時00分
焦点2022 写真で読み解くこの1年(4)当別町にロイズタウン駅

 道内の主な出来事を写真で振り返る。
  3月12日、JR札沼線の新駅としてロイズタウン駅が開業。JR北海道の在来線では20年ぶりとなる新駅だ。近くの国道337号を走ると道の駅にもつながるため、両施設を拠点としたにぎわい創出、今後のまちづくりなどへの波及効果が注目される。

関連キーワード: JR北海道 さっぽろ圏 道の駅 鉄道

総事業費20億円規模 共和町が道の駅建設に24年度着工

2022年12月05日 16時30分

 共和町は2027年度の開業を目指して基本設計を進めている道の駅に24年度にも着工したい考えだ。形はサークル状で延べ1600m²を想定しているが、構造は未定。総事業費は20億円規模を見込んでいる。

関連キーワード: 後志 道の駅

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる

2022年11月10日 17時00分
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる

 近年、十勝管内で新たな道の駅施設が続々と誕生している。2020年に上士幌町が新築、ことし4月には音更町が移転開業した「おとふけ」をオープン。わずか5カ月で100万人が来場する人気施設となった。道路利用者の休憩や情報発信機能だけでなく、特産品の直売所など地域活性化の起爆剤としての期待も高い。さらに4町が新設を構想していて、整備計画に注目が集まる。

関連キーワード: 十勝 道の駅

道の駅おとふけが開業5カ月で来場者100万人突破

2022年10月12日 08時00分
道の駅おとふけが開業5カ月で来場者100万人突破

 道の駅おとふけ(愛称・なつぞらのふる里)の来場者が100万人を突破した。開業から168日目での達成に音更町の関係者は「想像以上の反響」と口をそろえる。一方で、フードコート内のゆとりがなく、来場者から「広くしてほしい」との声も聞こえた。町経済部の月居謙介産業連携課長は「来年度以降の状況次第で増築などを検討する可能性がある」と話す。

関連キーワード: 十勝 道の駅

白糠町が道の駅移転改築をDBO方式で16日にもプロポ公告🔒

2022年09月22日 07時30分

 この記事は北海道建設新聞2022年9月14日付4面に掲載されました。閲覧は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナー、またはe-kensinマップをご覧ください。

関連キーワード: 本紙見出し 道の駅 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,368)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,091)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (3,944)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,645)
感動届ける施設に 日ハム新球場エスコンフィールドが...
2023年01月10日 (2,569)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。