行政・予算

恵庭市、23年度に汚水管2.7km新設

2023年01月27日 19時17分

 恵庭市は、2023年度の下水道分流化に事業費約4億5000万円を見込んでいる。施工延長は約2700m。早ければ4月から夏にかけて順次、一般競争公告する考えだ。23年度末の整備済み面積は85ha、進捗率83%となる見通し。25年度の完了を目指していて、24―25年度の残事業費は約9億円、残延長は5000m程度とみている。

上川の旧ホテル層雲解体へ 23年度着工、20億円投入

2023年01月27日 18時59分
上川の旧ホテル層雲解体へ 23年度着工、20億円投入

 上川町の層雲峡温泉で10年以上廃虚となっていた「ホテル層雲」の解体が動き出す。環境省北海道地方環境事務所が2023年度に着工する計画で、解体費には少なくとも20億円を見込む。設計を2、3月にも発注する。層雲峡温泉が生まれ変わる第一歩として期待が掛かる。

札幌市の22年度IT・コンテンツ・バイオ補助 最多見込む

2023年01月26日 18時55分
札幌市の22年度IT・コンテンツ・バイオ補助 最多見込む

 札幌市のIT・コンテンツ・バイオ企業向け補助金の活用件数が2022年度、過去最多となる見込みだ。既に17件の申請があり、過去最多の12件(14年度)を大きく上回る。経済観光局の企業誘致担当者は「人材の豊富さやオフィス床増加が追い風になっているのでは」と分析。今後の伸びにも期待をかける。

倶知安町がリゾートと周辺地域の開発規制を10月施行

2023年01月26日 16時30分

 倶知安町は、リゾートエリアと周辺地域を対象にした新たな開発・建築規制ルールを10月1日に施行する方針を固めた。27日公表のルール原案に明記する。2月27日までパブリックコメントを受け付ける。

関連キーワード: リゾート 市町村行政 後志

庁舎ZEB化や公住断熱化など 上士幌町の温暖化対策実行計画案

2023年01月26日 16時09分

 上士幌町は、地球温暖化対策実行計画案をまとめた。計画期間は2023―30年度の8年間。50年の温室効果ガス排出量実質ゼロを最終目標とし、役場庁舎のZEB化や公共施設のマイクログリッドを構築する。主要公共施設へ太陽光発電設備の導入や公住の断熱改修などを進める。このほか、大雪山国立公園のゼロカーボンパーク指定に向けて検討する。

関連キーワード: エネルギー 十勝 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,368)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,091)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (3,944)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,645)
感動届ける施設に 日ハム新球場エスコンフィールドが...
2023年01月10日 (2,569)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。