統計・データ

稚内市内で住宅新築が激減 建設費高騰、購買力低下

2024年02月01日 16時11分

 稚内市内で戸建て、共同住宅の新築が激減している。これまで年平均90戸で推移していたが、2022、23年は2年連続で50戸を下回った。特に戸建て住宅は建設費の上昇に伴う高価格化で購買力が低下。賃貸共同住宅も近年は着工実績が乏しく、今後も建設される見通しが立たない。一方で戸建て、共同住宅ともに中古物件を買う動きが強まっているが、価格上昇が続いていて予断を許さない状況にある。

関連キーワード: 不動産 宗谷 建築

後志管内土木3官庁の23年度4―12月業者別工事受注実績

2024年01月31日 16時02分

 後志管内土木3官庁(小樽開建、小樽建管、後志総合局農村)の2023年度第3四半期末(4―12月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。前年度同期と同数の125者が5.7%増の316億3286万円を確保。総額に占める管内業者のシェアは65.8%だった。

関連キーワード: 土木 後志

宗谷管内土木3官庁の23年度12月末業者別工事受注実績

2024年01月26日 16時33分

 宗谷管内土木3官庁(稚内開建、稚内建管、宗谷総合局農村振興課)の2023年度第3四半期末(4―12月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。72者が前年度同期比1.7%増の160億6323万3000円を受注した。業者別では15件、17億8980万円を獲得した安田建設が上半期(4―9月)に引き続き首位に立った。

関連キーワード: 宗谷

十勝管内土木3官庁の23年度4―12月業者別工事受注実績

2024年01月26日 16時05分

 十勝管内土木3官庁(帯広開建、帯広建管、十勝総合局調整課)の2023年度第3四半期末(4―12月)業者別工事受注実績がまとまった。158者が357億3914万円を受注。前年度同期と比べ業者は同数だが、金額は6.6%下回る。首位の宮坂建設工業は42億1867万円を獲得した。

関連キーワード: 十勝

留萌土木3官庁の23年度12月末業者別工事受注実績

2024年01月24日 16時40分

 留萌管内土木3官庁(留萌開建、留萌建管、留萌振興局農村振興課)の2023年度第3四半期末(4―12月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。82者が総額180億9191万円を獲得。13件、27億9300万円を落札した堀口組が、第1四半期(4―6月)から首位を維持している。

関連キーワード: 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,388)
藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,342)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,320)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,311)
アルファコート、北見駅前にホテル新築 「JRイン」...
2024年04月16日 (1,024)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。