工事・計画

道新幹線4駅の新駅デザインを提案へ 鉄道運輸機構

2022年11月14日 08時00分

 鉄道・運輸機構は、北海道新幹線札幌延伸に伴い新築を計画している仮称・新八雲、長万部、仮称・新小樽、倶知安駅の設計について、1年程度かけて複数のデザイン素案をまとめ、駅が所在する自治体に提案する予定だ。簡易公募型プロポーザルで募集した駅舎の設計者は9、10月に決定。現在は各市町から提出されたデザインコンセプトを基に作業を進めているところで、素案作成後、半年から1年程度かけ自治体に1案へ絞ってもらうことを考えている。

関連キーワード: JR北海道 北海道新幹線

23年度に北防41m計画 沢木漁港水産流通基盤整備

2022年11月11日 16時30分

 網走建管は雄武町内で進めている沢木漁港水産流通基盤整備について、2023年度は北防波堤41m、北護岸38m、マイナス4・5m航路1900m²、マイナス4m泊地900m²に取り組む考えだ。27年度の完了を目指しているが、計画の見直しを視野に入れている。

関連キーワード: オホーツク 漁港

37号高平町―港北町3丁目間の安全対策を要望 室蘭市

2022年11月11日 16時00分
37号高平町―港北町3丁目間の安全対策を要望 室蘭市

 室蘭市は、国道37号高平町―港北町3丁目間の交通安全対策を要望している。高平町から港北町市街地に続く長いカーブで、延長は150m。交通量が多く冬期間にスリップによる正面衝突が多発しているため、市は伊達方面と室蘭方面の双方向でカラー舗装などによる注意喚起を想定している。早期事業化を求める。

関連キーワード: 胆振 道路

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる

2022年11月10日 17時00分
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる

 近年、十勝管内で新たな道の駅施設が続々と誕生している。2020年に上士幌町が新築、ことし4月には音更町が移転開業した「おとふけ」をオープン。わずか5カ月で100万人が来場する人気施設となった。道路利用者の休憩や情報発信機能だけでなく、特産品の直売所など地域活性化の起爆剤としての期待も高い。さらに4町が新設を構想していて、整備計画に注目が集まる。

関連キーワード: 十勝 道の駅

空知総合局経営体北友南地区の23年度以降残事業費

2022年11月10日 16時43分

 空知総合局産業振興部は、雨竜町で区画整理を進めている経営体北友南地区の2023年度以降残事業費に11億7175万9000円を見込む。残事業量は区画整理63.4haとなっている。

関連キーワード: 空知 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • web企画
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。