工事・計画

マルチテナント型物流施設 札幌市内で新設相次ぐ

2019年04月07日 09時00分
マルチテナント型物流施設 札幌市内で新設相次ぐ

 札幌市内でマルチテナント型物流施設の新設が相次いでいる。2018年に東区で大和ハウス工業(本社・大阪)、ことしに入り不動産サービス大手のCBRE(本社・東京)が清田区でそれぞれ建設。JR貨物(同)は、白石区のターミナル駅構内敷地で構想している。道内で賃貸の物流施設は少ないが、インターネット通販など電子商取引(eコマース)の拡大や、既存倉庫の老朽化などで今後、需要の高まりが見込まれる。

関連キーワード: さっぽろ圏 物流

上富良野町の複合拠点施設整備 基本計画をプロポで公告

2019年04月05日 18時00分

 上富良野町は、新築する複合拠点施設整備の基本計画策定業務を公募型プロポーザル方式で公告した。参加申込書の提出期限は19日午後5時まで、持参か郵送で受け付けている。企画提案書は5月10日午後5時まで受け付け、14日のヒアリングを経て、審査結果を通知する。

関連キーワード: 地域振興 建築 観光 道北

夕張市立診療所・介護老人保健施設移転の基本計画素案

2019年04月05日 15時00分

 夕張市は、市立診療所・介護老人保健施設移転改築の基本計画素案をまとめた。新たな施設の規模は2階、延べ4250m²を想定。2019―20年度に基本・実施設計を進め、21年度から造成、外構、本体に着工する予定で、22年度中の供用開始を目指す。事業費には25億6027万円を見込んでいる。

関連キーワード: 医療 福祉 移転 空知

新千歳空港国際線ターミナルビル内のホテル 運営者決まる

2019年04月05日 07時00分
新千歳空港国際線ターミナルビル内のホテル 運営者決まる

 新千歳空港ターミナルビルディング(本社・千歳)は、新千歳空港国際線旅客ターミナルビル内に設けるホテルの運営者を碧雲堂ホテル&リゾート(同)に決めた。海外富裕層をターゲットとしたハイクラスホテルと位置付け、171室で構成する客室は43―250平方㍍の広さを持たせる。2020年1月の開業を予定する。

19年度のWTO対象土木 開発局8件で鉄道・運輸機構4件

2019年04月04日 18時00分

 道内主要発注機関が2019年度にWTO政府調達協定対象として発注する土木系工事がまとまった。北海道開発局発注は札幌開建の新千歳空港整備関連など8件、鉄道・運輸機構が国縫トンネルなど4件がある。道建設部、札幌市は工事の対象がゼロだが、札幌市は業務で白川浄水場の実施設計がWTO対象となっている。

関連キーワード: 土木

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,764)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。