工事・計画

19年度の農業整備委託 903件、122億円を発注

2019年02月26日 18時00分

 全道14総合局・振興局が2019年度に発注する農業農村整備事業の委託業務は18年度補正予算を含む執行ベースで、前年度を3%程度上回る約122億円となる見通しだ。先月公表された工事等概要などを基に本紙が集計した。全道で903件の発注を予定し、空知が最多の281件、39億円程度を見込んでいる。  

関連キーワード: 北海道庁

19年内にコンテナヤードを拡張 釧路港西港区第3埠頭

2019年02月26日 15時00分

 釧路市は、釧路港西港区第3埠頭(ふとう)のコンテナヤード拡張を、3月にも公告する。同埠頭でのコンテナ取扱量増加を踏まえて拡張するもので、年内完成、年明けの供用を目指す。

関連キーワード: 港湾 物流 道東

道内公共施設で初の「ZEB Ready」取得 古平町

2019年02月26日 12時00分
道内公共施設で初の「ZEB Ready」取得 古平町

 古平町が設計を進めている中心拠点誘導複合施設が、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)に基づく最高ランクの5つ星と、1次エネルギー消費を50%以上削減する「ZEB Ready(ゼブ・レディ)」評価を取得した。町によると、道内公共施設での取得は初めて。

関連キーワード: 建築 道央

コープさっぽろ 札幌・西岡に配送センター新築

2019年02月26日 07時00分
コープさっぽろ 札幌・西岡に配送センター新築

 生活協同組合コープさっぽろ(札幌市西区発寒11条5丁目10の1、大見英明理事長)は、札幌・西岡に宅配システムトドックの配送センター新築を計画している。開発行為の許可が下り次第、3月から敷地造成を進め、夏にも本体に着工する見通しだ。

関連キーワード: さっぽろ圏 物流

栗沢文化交流施設 19、20年度で建設

2019年02月25日 12時00分
栗沢文化交流施設 19、20年度で建設

 岩見沢市は、2019、20年度の2カ年で栗沢文化交流施設を建設する。規模はRC造、平屋、延べ1814m²。19年度予算案に2カ年事業の1年目として3億6540万円を措置した。発注方式や件数などに流動的な部分を残しているが、入札時期は5月中旬を予定。6月定例市議会で契約承認を受けた後に着工し、20年10月の供用開始を目指す。工事費には約9億6000万円を見込んでいる。

関連キーワード: 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,443)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,845)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。