行政・予算

札幌市が用途地域見直し案 第2種特別工業地区を指定

2018年10月31日 07時00分

 札幌市は、6月に改定した土地利用計画制度運用方針に沿った、用途地域の見直し素案を明らかにした。大区画の工業用地確保に向けて北丘珠、米里地区で第2種特別工業地区を指定。大谷地流通業務団地は、団地内の用途区分を一部を除き流通業務施設にまとめ施設更新をしやすくする。住居系用途については、人口減が見込まれる地域交流拠点などで、用途や床面積の制限を緩和し、にぎわい創出を促す。

関連キーワード: さっぽろ圏

建設業では初選出 ベストプラクティス企業に勇建設

2018年10月26日 15時00分

 北海道労働局は、労働環境改善などに取り組む「ベストプラクティス企業」として2018年度は勇建設(本社・札幌)を選出した。建設業では初めてのノミネートで、有休取得率や従業員定着率の高さが評価された。11月2日に福士亘局長が同社を訪れ、坂昭弘社長と働き方・休み方改善について意見交換する。

関連キーワード: 企業

民活事業の募集要項12月にも 白老駅北観光商業ゾーン

2018年10月26日 12時00分
民活事業の募集要項12月にも 白老駅北観光商業ゾーン

 白老町は、2020年4月オープンを目指す白老駅北観光商業ゾーンのうち、民間活力導入区域事業者選定の募集要項を11月までにまとめ、12月中にも公表する。18年度内に優先交渉権者を決定する運びだ。

関連キーワード: 商業 道南

札幌市が道路協力団体制度を導入 第1号は狸小路商店街

2018年10月24日 20時00分

 札幌市は、道路法に基づく道路協力団体制度を導入する。26日に指定団体の第1号として札幌狸小路商店街振興組合(島口義弘理事長)に指定証を交付する。国道では前例があるが、地方自治体による導入は全国3例目で、道内自治体としては初めて。

関連キーワード: さっぽろ圏 商業

工・商業系売却は4.8万m² 東雁来で19年度以降 札幌市

2018年10月20日 12時00分

 札幌市は、東雁来第2土地区画整理事業完了に伴う市有地売却で、2019年度以降に工業・商業系で約4万8000m²、住宅系で約2万4000m²の売り払いを予定している。18年度に売り出した工業系では、最低売却価格の2倍以上で落札された土地もあり、このエリアへの注目度は高い。

関連キーワード: さっぽろ圏 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,446)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,850)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。