「再開発マップ_パークホテル」に関する記事

新MICE施設 市場動向踏まえて整備計画検討へ

2022年03月25日 19時05分

 札幌市経済観光局は2022年度、再検討を進めている新MICE施設整備で、21年度の市場動向調査結果を踏まえ、内容や規模、機能、スケジュールといった施設整備計画を検討する考えだ。現在は検討業務の内容や発注時期などを協議している。

基本構想11月にも策定へ 中島公園駅周辺まちづくり

2021年10月14日 09時00分

 札幌市は、地下鉄中島公園駅周辺地区のまちづくり基本構想を11月をめどに策定する見通しだ。同地区で計画する新MICE施設整備再検討の現状を踏まえ、これまでに示していた構想案をベースに見直す。ただ、公園北口の先導空間整備は基本構想で定めず、まちづくりの方向性を中心に示す考えだ。

MICE需要見極めでコンベンション市場動向調査

2021年05月10日 07時00分

 札幌市経済観光局は2021年度、アフターコロナのMICE需要を見極めるため、コンベンションの市場動向調査に着手する。再検討を表明した新MICE施設整備について、今後の整備方針などを考える基礎資料とする。今後の市場動向や需要を予測・分析し、市が目指すべき方向性の検討につなげる。

札幌市がMICE整備を延期 23年3月まで再検討

2021年02月01日 10時00分

 札幌市は28日、札幌パークホテルと一体的な整備を計画する新MICE施設整備について、事業実施を延期する方針を決めた。アフターコロナの需要を見極めるため、2023年3月までを再検討期間とする。延べ3万2400平方㍍、事業費約341億円の現計画を基本に、施設規模や今後の事業スケジュールを見直していく。

ヒルトン札幌パークホテル 23年の開業目指す

2019年03月29日 18時00分

 ヒルトン(本社・米国バージニア州)は28日、建て替えを計画している札幌パークホテルの運営者であるグランビスタホテル&リゾート(同・東京)とフランチャイズ契約を結び、「ヒルトン札幌パークホテル」として、2023年にも開業すると発表した。国際的なホテルブランドである「ヒルトン」のサービスを提供し、海外観光客の集客増につなげる考え。運営はこれまで通り、グランビスタが続ける。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。