「漁港」に関する記事

羅臼漁港に74億円 屋根付き岸壁新設など機能向上へ

2021年09月29日 15時00分
羅臼漁港に74億円 屋根付き岸壁新設など機能向上へ

 釧路開建が所管する羅臼町の特定漁港漁場整備羅臼地区の事業計画が明らかになった。計画期間は2022―31年の10カ年で、事業費は74億1900万円を試算。屋根付き岸壁新設や泊地浚渫などで物流機能を向上する。突堤や波除堤整備、道路液状化対策などにも取り組み、災害に強い漁港整備を推進する。

関連キーワード: 根室 漁港

3.11が伝えた教訓 東日本大震災10年(2)太平洋側で津波対策強化へ

2021年03月19日 12時00分
3.11が伝えた教訓 東日本大震災10年(2)太平洋側で津波対策強化へ

 海溝型地震が現実的な確率で示されている本道。10年前の東日本大震災を忘れず、その教訓を生かすことが求められている。東日本大震災の津波は道内にも太平洋岸を中心に襲来。日高管内のえりも町では庶野地区で最大3・5mの津波を観測した。国道336号への冠水や、川への逆流による地面の隆起など多くの被害が出た。被災時、町民の情報源になるのは防災無線。町は全道で進む防災無線デジタル化に合わせ、拡声器を増やすなど対策を強化している。

関連キーワード: 3.11が伝えた教訓 漁港 災害

江良漁港波除堤整備に向けケーソン移設 函館開建が作業を公開

2020年01月26日 10時00分
江良漁港波除堤整備に向けケーソン移設 函館開建が作業を公開

 函館開建は22日、函館港で松前町の江良漁港波除堤整備に使用するケーソンの移設作業を報道機関向けに公開した。同開建管内でケーソン製作を伴う工事は5年ぶり。海洋土木工事の流れや作業内容を説明した。

関連キーワード: けんせつ小町 土木 渡島 漁港

西防、泊地など19年度着工へ 尾岱沼漁港に事業費59億円

2018年07月30日 13時00分

 釧路建管は、2018年度から尾岱沼漁港水産基盤整備事業の本工事に着工する。初年度は道路の補修を施し、19年度にも西防波堤の補修やマイナス3・5m泊地浚渫などに取り組みたい考えだ。事業期間は18―27年度で、総事業費は59億円を試算している。

関連キーワード: 水産 漁港 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,788)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,645)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,339)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,012)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,922)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。