「 空知」に関する記事

芦別市総合庁舎建て替え 27年度の基本設計目指す🔒

2021年04月02日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年3月29日付16面に掲載されました。閲覧は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナーをご覧ください。

関連キーワード: 庁舎 建て替え 本紙見出し 空知

コロナ後は地方再生のチャンス 岸博幸氏が三笠で講演会

2021年03月26日 15時00分

 三笠市は23日、三笠市民会館で慶応義塾大大学院メディアデザイン研究科教授の岸博幸氏を招き、講演会を開いた。岸氏は「コロナ後の日本経済を考える」をテーマに講演。今後の日本経済から、市の地域活性化について見解を述べ、コロナ後は「地域経済を元気にする地方再生の絶好のチャンス。やる気がある地域は生産性を上げ、明るい将来をつくる」と強調した。

関連キーワード: 地域振興 空知

新桂沢浄水場が完成 道内最大級の膜ろ過

2021年03月14日 09時00分
新桂沢浄水場が完成 道内最大級の膜ろ過

 岩見沢市と三笠市の全域、美唄市の一部の水を供給する桂沢水道企業団は10日、新しく完成した桂沢浄水場の稼働を前に、報道関係者向けに内覧会を開いた。総事業費に90億6357万6000円を投入。浄水処理施設能力は1日当たり3万5356m³に上り、道内最大級の膜ろ過浄水場となる。2月16日から3月2日までの総合試運転を経て、16日に稼働する。

関連キーワード: 空知

寺院再建のノウハウ伝える 北海道協立の石垣孝雄社長

2021年02月26日 15時00分
寺院再建のノウハウ伝える 北海道協立の石垣孝雄社長

 開創から90年を超す栗山町の永禅寺。昨秋、真新しい納骨堂内に高さ6mの千手観音が姿を現した。改築した本堂の天井には、中国人画家が描き下ろした大きな竜の水墨画も見える。約2年の工期を経て再建した寺は、檀家(だんか)だけでなく幅広く地域住民の関心を引く仕掛けをこらしたのが特長だ。

関連キーワード: 企業 建築 空知

砂川駅前地区整備基本計画の素案まとまる🔒

2021年02月16日 12時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年2月13日付10面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でもご覧いただけます。詳しくはこちらのページへ。

関連キーワード: 本紙見出し 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.4k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.2k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 道央3市
にぎわい取り戻せ
new

道央圏3市の商工会議所、商工会のトップに、現状の打破とにぎわい回復に向けた取り組みについて聞く。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。