コラム「透視図」

ハンセン病訴訟で国は控訴せず

2019年07月11日 09時00分

 雑誌『映画評論』1941年5月号に、当時活躍していた映画監督伊丹万作氏が「映画と癩の問題」と題する一文を寄稿した。「癩」とは今でいうハンセン病のこと

 ▼伊丹監督は患者に焦点を当てたある映画が美しい仕上がりになっているのに不満を持ち、強く批判する。「癩問題に対する唯一の正しい態度は、隔離政策の徹底によって癩を社会的に解決しようとする意志に協力する立場をとる以外にはあり得ない」。そしてこう続けた。「私一個人はやはりそれを見たいと思わないし、そのような題材を劇映画で扱ってもらいたくない」。患者を人の目に触れさせるなということだろう。残酷だがこのころは、間違った隔離政策がまかり通っていたのである。いったん社会に根付いた差別は薄紙を剥がすようにしか消えてくれない

 ▼これもその差別解消の流れを後押しする力となろう。安倍首相が9日、被害を受けたハンセン病の元患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁の判決に、控訴しない意志を表明した。会見で首相は「家族の苦労をこれ以上長引かせるわけにはいかない」と語ったそうだ。法解釈や面目にこだわるより、政治判断で早期救済に乗り出すようかじを切ったわけだ。国としては遅きに失したものの、家族の傷口になお塩を塗り込む事態だけは避けられた

 ▼ハンセン病に限らず世の中に差別は多い。たいていは無知や誤った知識の種が、恐怖や不安といった負の感情に栄養を与えられて大きく育つ。知らぬ間に先の監督のようになっていないか。自分の中の差別の種をいま一度点検したい。


仲邑菫初段公式戦初勝利

2019年07月10日 09時00分

 何度見たか覚えていない、という人も少なくないのでないか。スタジオジブリの長編アニメ映画『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)のことである。2001年公開だが、いまだに日本映画歴代興行収入第1位の座は奪われていない

 ▼詳しい説明は必要あるまい。神々の食べ物に手を付けた父母をブタに変えられ、名前も奪われて神々が通う「油屋」でこき使われることになった千(千尋)の奮闘を描いた物語である。宮崎監督は解剖学者養老孟司氏との対談(『虫眼とアニ眼』徳間書店)で、この映画の隠れたテーマについてこう語っていた。「一〇歳くらいの子が自分というものを周囲と区別して認識していく。親と自分との違いとか」

 ▼ことし4月、史上最年少10歳で囲碁のプロ棋士になった仲邑菫初段も今まさに親を離れ、自分の道を認識し始めた段階だろう。おととい、デビュー後初の公式戦となる第23期ドコモ杯女流棋聖戦で67歳の田中智恵子四段を破り、初勝利を挙げた。これも最年少記録だという。対局風景を見ると、時折相手をにらむような姿は相変わらず。「眼光紙背に徹す」ではないが、頭の中まで見通すかのごとき集中力である。勝利への執念は完全にプロのそれといっていい。仲邑初段は勝利後の会見で、はにかみながら「うれしい」と一言。言葉こそ短いものの、大海に一人漕ぎ出す誇らしさが見えた

 ▼映画で千は外の世界と切り離され、自分の力で困難を乗り越えるしかなかった。囲碁も盤に向かえば頼れるのは自分だけ。公式戦初勝利のここからが本番である。健闘を祈りたい。


百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に

2019年07月09日 09時00分

 大阪府堺市に「新堺音頭」という歌がある。歌い出しはこうだ。「物のはじまりゃ なんでも堺 三味も小唄もみな堺 ホンニソヤソヤ ヨイ堺」

 ▼堺は平安期から漁港として栄え、戦国期には貿易と商業の町へと発展した。その後は鉄砲製造の中心地となり膨大な富が集中。1550年に堺に立ち寄った宣教師フランシスコ・ザビエルが、「日本国中の金と銀がこの地に集まっている」と感嘆したほどだったという。古くからの繁栄を背景に堺を発祥とする物も多く、それが人々の自慢であり誇りでもあったそうだ。先の音頭が作られるにはそんな事情があったのである。今回、そこにもう一つ特大の誇りが加わった

 ▼堺市にある日本最大の前方後円墳「仁徳天皇陵古墳」(大山古墳)を含む全49基で構成する「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録が決まったのである。国連教育科学文化機構(ユネスコ)第43回世界遺産委員会が6日、古墳時代の文化を今に伝える価値が極めて高く、登録妥当と判断した。古墳群は4世紀後半から5世紀後半に造られたとされる。この時代を歴史学者の網野善彦氏は「より組織的な新しい支配の方式が本格的に模索され」「未開から文明に向かう列島社会の最初の大きな転換がここにはじまる」(『日本社会の歴史』岩波新書)と解説していた

 ▼当時、奈良盆地を拠点とする有力氏族連合(ヤマト王権)は海から見える堺の高台に巨大建造物たる古墳を築造し人心を掌握。国家形成の歩みを進めていった。まさしくこれも「物のはじまりゃ なんでも堺」だったわけだ。


日本の中の異国

2019年07月08日 09時00分

 札幌出身の随筆家森田たまに「夏の北海道」と題する一編がある。講演旅行で作家仲間と7月に各地を巡った思い出をとっかかりに、そこから話を広げ本道の魅力を生き生きと伝えるエッセイだった

 ▼きっと車窓からの眺めが記憶を呼び覚ましたのだろう。「かねがね私は北海道は日本の中の異国だと考へてゐた」と打ち明け、欧州を旅した際に見た風景が、本道そのままだったことに驚きを感じたと振り返っていた。何十年も前の話ではあるが、本道に異国情緒があるのは今も変わらぬ事実だろう。広大な牧草地には緑が萌え、青空は見果てることがない。道路は幅が広く、市街地も伸び伸びとして明るい。それをひときわ強く感じさせられる季節が夏である。森田さんもそうだったに違いない

 ▼本道にもようやく夏が来たようだ。「夏めきて雲間の青のときめけり」古閑純子。ぼんやりしていた青空と雲の境界もくっきりしてきた。気持ちを浮き立たせている人も多かろう。道産子にとって短い夏は特別である。現在、異国の雰囲気を漂わせるのは風景だけでない。文化もである。世界の音楽家を育てるPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌)や日本屈指のジャズの祭典サッポロ・シティ・ジャズ。夏の道都札幌はクラシックやジャズの音楽であふれる。PMFは6日、ジャズは7日に開幕した

 ▼これらのイベントを目指して世界中から人々が訪れ、本道の自然や風景も楽しんで帰る。垣根はどこにもない。「北海道は日本の中の異国」。森田さんは泉下で一層その思いを強めていよう。


参院選はじまる

2019年07月05日 09時00分

 鹿児島と宮崎、熊本の3県を中心とする九州南部を長らく苦しめていた強い雨も、ようやく峠を越えたようだ。先月の末からほぼ途切れることなく降り続いた雨である。地域の人も胸をなで下ろしていよう

 ▼梅雨前線の影響で不安定化した大気が雨雲を次々と発生させ、それが線状降水帯となって暴威を振るったようだ。昨年のやはりこの時期に未曽有の大災害を引き起こした、西日本豪雨と同じメカニズムだという。地球温暖化の影響で昔とは雨の降り方が大きく変わってきたといわれて久しい。ゲリラ豪雨による都市型水害、常識はずれの長雨による内水氾濫や土砂崩れ。毎年のように悲しい報道を聞く。対策は気象の変化に追い付いているだろうか

 ▼第25回参院選がきのう公示された。争点は多く与野党火花を散らしているが、災害対策も忘れてほしくない。気象に限らない。このところの地震や噴火活動の活発化も大いに気になる。長期的視点で腰を据えて議論ができる参議院にふさわしいテーマでないか。ただ、今参院選の争点とされているのは消費税率引き上げの是非や年金制度の再構築、「アベノミクス」の見直しなどで災害対策の声はあまり聞こえてこない

 ▼治山治水のようなインフラ整備は少し進めるだけで確実に効果が出る。部分的にでも堤防を強化、かさ上げすることでどれだけ人命と財産を救えるか。政府も国土強靱(きょうじん)化を重点にしてはいるが、現在のペースを大胆に早める必要はないか議論が必要だろう。地味でも本当に大切な施策に力を尽くす候補者に1票を投じたい。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,260)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,525)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,308)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,976)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,291)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。