コラム「透視図」

駅弁

2019年02月20日 09時00分

 子どものころのことだから1960年代の話である。SL(蒸気機関車)が引く「汽車」で家族旅行をした際、目当ての駅で父親がいったん汽車を降り、ホームの売店まで名物の駅弁を買いに走った

 ▼ところが発車ベルが鳴っても父親は戻ってこない。無情にも汽車は動きだす。置き去りにされてしまったんだと動揺していると、不意に扉が開き駅弁とポリ容器のお茶を抱えた父親が現れる。そんなことがよくあった。駅弁といえば釧路支社に勤務していた若手時代、札幌に向かうときは朝必ず釧路駅で「かに飯」を買い込んでから特急に乗り込んだものだ。たっぷりとのったかにはもとより、甘じょっぱく煮付けられたシイタケのうまさといったら

 ▼「かにめし」といえば長万部駅も忘れるわけにはいかない。こちらは函館駅を出発してから車内販売に注文し、長万部駅で受け取るという寸法。出来たての風味に加え期待感も調味料となり、えも言われぬ味わいである。函館にいたころ、よく利用させてもらった。惜しいことに車内でその出来たての「かにめし」を食べることが、もうできなくなるそうだ。JR北海道が最後まで残っていた特急「スーパー北斗」の車内販売を今月28日で終了させるためである

 ▼コンビニなどの普及で利用が減り、赤字が続いていたらしい。あまたある駅弁の一販売形態が消えるだけと言ってしまえばそれまでだが、独特の経験ができる機会が失われる意味は決して小さくない。経営難の折、不採算事業の削減はやむを得まい。旅情が置き去りにされるのを見るのは忍びないが。


IoT機器侵入調査

2019年02月19日 09時00分

 奇抜な発想で読者をアッと驚かせるショートショートの名手、星新一さんの作品に「怪盗X」がある。こんな話である

 ▼Xがエヌ氏に電話をかけて言う。「金庫室の札束はもらった」。「警察に通報する」と息巻くエヌ氏をXはあざ笑う。実はエヌ氏は防犯器具製造会社の社長。それなのにやすやすと鍵を開けられ、赤外線探知装置は無力化。その上、厳重な金庫室まで突破された事実が表沙汰になるというのである。そうなれば社会的な信用はがた落ちだ。エヌ氏は悩んだ末に窮地を脱する策を思いつく。通報はしないし盗まれたことも否定。札束は戻ってこないが二度と侵入されないよう、あらゆる手段を使って防犯態勢を強化することにしたのである

 ▼今回はその怪盗Xの役回りを総務省が務めるということだろう。あしたからウェブカメラやルーターなどインターネット上のIoT機器に「侵入」を試みる調査を始めるそうだ。エヌ氏は全国のIoT機器利用者。実際に金庫破りをして確かめるわけである。セキュリティーの甘い機器は乗っ取りが容易。悪意ある者はそれをサイバー攻撃のてことして利用し、官公庁や金融、インフラ、あらゆる機関のデータを操作し、流出させ、破壊できる。悲劇が起こる前に侵入口を見つけ、利用者に注意喚起するのが取り組みの狙いだ

 ▼ところで今回活躍するのは正義の怪盗だが、仮面の下には国民を監視する恐ろしい怪物が隠れているのではとのうがった見方も一部にある。そんな物語のような結末はいらない。国は十分な説明で懸念解消にも努めるべきだろう。


高齢者の交通事故

2019年02月18日 09時00分

 年を取ると誰でも体の動きが緩慢になり、頭も若いころのようには速く回らなくなる。詩人のまど・みちおさんが91歳の時、「トンチンカン夫婦」という詩で自身の経験をユーモラスに描いていた

 ▼こんなくだりがある。「私が片足に2枚かさねてはいたまま もう片足の靴下が見つからないと騒ぐと 彼女は米も入れてない炊飯器に スイッチ入れてごはんですようと私をよぶ」。毎日そんな競争をしていたという。ほのぼのとした老夫婦の日常風景が目に浮かんでくる。ところで「トンチンカン」も家庭内の出来事だから笑い話で済んでいるが、もし家の外だったら取り返しのつかない結果につながりかねない

 ▼警察庁が先週末発表した2018年の「交通死亡事故の特徴等について」によると、高齢者の人口10万人当たり死者数は全年齢層の2倍に達するそうだ。全死者数の半数は歩行中か自転車乗用中の事故で、その7割が高齢者。しかも自転車に関しては、実に8割が法令違反を伴うものだったのだとか。横断歩道もない道路をゆっくり歩いて渡っている。車道の左側を走っていた自転車が急に進路を変え車の前に飛び出す。そんな高齢者の予期せぬ行動にひやりとさせられた人も多いのでないか

 ▼高齢者人口は伸びる一方だ。交通事故の高齢化問題ともいえるこの種の出来事は今後も増えこそすれ減ることはあるまい。『平成川柳傑作選』(毎日新聞出版)にこんな作品があった。「高齢を笑った俺今82」字下手。皆年を取る。老いに対する理解を深め、被害者にも加害者にもならないようにしたい。


かつての悪夢

2019年02月15日 09時00分

 スナックに行くと必ず一度はカラオケで歌うという人も少なくないのでないか。演歌歌手渥美二郎さんが1978年に発表して大ヒットした「夢追い酒」(星野栄一作詞・遠藤実作曲)である。破れた夢の切なさが胸にじんと響く

 ▼一番はこんな歌詞だった。「悲しさまぎらす この酒を 誰が名付けた 夢追い酒と あなたなぜなぜ わたしを捨てた みんなあげてつくした その果てに 夜の酒場でひとり泣く」。もしかするとかつて民主党議員だった方々も今、この歌のような心境でいるのかもしれない。夢を実現しようと全てささげたのに国民はなぜわれわれをあっさり見捨てたのか、というわけだ。きっと泣きたいくらいの気持ちだろう

 ▼しかも大切にしていた夢を「悪夢」と言われてしまっては立つ瀬がない。安倍首相が10日の自民党大会で12年前の選挙を振り返り、「悪夢のような民主党政権が誕生しました」と発言。これに12日の衆院予算委員会で立憲民主会派の岡田克也議員が猛然とかみついた。身内の会とはいえ、現首相の言葉としては確かにあまり褒められた表現でない。興に乗ると口が滑る悪い癖が出た。ただし一国民として言わせてもらえば、悪夢としか思えない出来事が多々あったのも事実

 ▼「コンクリートから人へ」で公共事業を悪者に仕立て、「政治主導」で行政は停滞、マクロ経済にはほぼ無策だった。揚げ句に沖縄県辺野古移転の迷走、福島原発事故を含む東日本大震災対応の混乱である。夢を追うのもいいが、現実を見失うとまた「あなたなぜなぜ」と泣くことになろう。


豚コレラ拡大

2019年02月14日 09時00分

 エボラ出血熱という病気をご存じだろうか。主にアフリカで見られる致死率の非常に高いウイルス性感染症である。2014年にもリベリア共和国で大流行した

 ▼支援に赴いたスウェーデンの医師ハンス・ロスリング氏が著書『ファクトフルネス』(日経BP社)にその経験を記している。「恐ろしい伝染病が、突然流行りだした」との一報を聞いたとき、他の伝染病同様すぐに終わるだろうと楽観視していたそうだ。ところが発症者数の推移を知り悠長な気分は吹き飛ぶ。3週間ごとに発症者が倍増していたのである。そのままのペースなら世界中に飛び火する日も遠くない。氏は初期段階でくい止めるため急いで現地に飛んだという

 ▼「豚コレラ」の感染拡大が止まらない。残念ながら日本ではこの初期対応がずさんだったようだ。愛知県の養豚場が感染の疑いがあると分かった1月以降も、子豚を他の農場に出荷し続けていたのである。結果を予測する想像力もモラルも欠けていたと批判されても仕方がない。そもそもは海外から感染肉がひそかに持ち込まれ、それを食べたイノシシが媒介したとみられている。昨秋には岐阜で1例目を発見していたのに、防疫意識や知識の不足で被害を大きくしてしまったのだ。既に岐阜と愛知、滋賀、大阪、長野の5府県に飛び火している

 ▼怖いのは終わりが見えないこと。きのうも愛知でまた1例が確認された。本道も養豚数では鹿児島、宮崎に次ぐ全国3位。今回の地域からは遠いが人ごとでない。予測を超えた振る舞いをするのがウイルスだ。楽観は禁物だろう。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,273)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,520)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。