コラム「透視図」

新型コロナウイルス

2020年01月21日 09時00分

 古代ギリシャの医聖ヒポクラテスが、紀元前460年頃の出来事を書き残している。それは街のこんな様子だった。「突然、多くの人々が高熱を出し、震えがきてせきも止まらない。病気は瞬く間に広がり、人々は恐れおののいた」

 ▼症状や感染態様などからインフルエンザの流行について記述したものと考えられているそうだ。ペニシリンのような特効薬もない時代である。肺炎で死ぬ人が後を絶たなかったらしい。呼吸器を機能不全に陥れる肺炎は医学が格段に進歩した現代にあっても恐ろしい病気である。原因としてインフルエンザウイルスや細菌がよく知られているが、最近にわかに注目を浴びているのは新型のコロナウイルスだ。中国湖北省の武漢市で発症者が相次いでいる

 ▼初めて確認された昨年12月12日以降、きのう朝までに中国全土で201人がり患。うち3人が死亡した。感染者はもっと多いとの説もあり、拡大の懸念は高まる一方だ。2003年に猛威を振るった新型肺炎SARSを思い出す。それはお隣の話、と安心してはいられない。中国は24日から春節の長期休みに入る。この機会に日本を訪れる人が毎年大勢いるのだ。6日には日本の空港の検査をパスして発症者が入国した事例もあった。防疫体制も万全ではない

 ▼幸い新型ウイルスの感染力は弱く、重篤になるのもまれという。ただ子どもや高齢者、体力のない人はその限りでない。いったん肺炎になれば容易に危険な状態に陥ろう。古代から人々を悩ませる肺炎をこれ以上はびこらせないために、手洗いとうがいを励行したい。


現代学生百人一首

2020年01月20日 09時00分

 昭和歌謡の一つに「若いってすばらしい」という題名通りの歌詞の印象的な曲(安井かずみ作詞、宮川泰作曲)があったが、こちらも一首一首読んでいくとそんな気持ちにさせられる

 ▼東洋大学の第33回「現代学生百人一首」入選作品が発表になった。「元号をスマホ片手に待ちわびてSNSで令和と知りぬ」(阿南工専5年高島雄太)。改元で万葉集が脚光を浴びたため、今回は6万首を超える応募があったそうだ。若さゆえのはじけるような喜び、つらい悩み、大人への階段を上る中での迷いが歌から伝わってくる。数首紹介したい。「母の背が大人になるなと語ってるごめんよ僕はもう子供じゃない」(品川区立大崎中3年早川将風)。引き留めてくれるなおっかさん

 ▼「おめでとう妹祝う誕生日こっそり祝う姉になった日」(西武学園文理高1年小川璃乃)。「しわくちゃの手を握って行った墓参り今年は握らず会いに行く夏」(秋田北高1年塩田遥子)。生も死も柔らかな心に深く、優しく刻まれていく。まだ十代後半ながら早くも職人魂を熱く燃え立たせている歌もあった。「ただの鉄それだからこそ俺達の技術使って命吹き込む」(広島工高1年山根飛和)。「測量でかげろうできて誤差が出るピントが合わずとても悔しい」(八幡浜工高3年山下一平)。実に頼もしい

 ▼とはいえ、時には現実の厳しさに打ちのめされることもある。「帰り道惰性で買ったマシュマロに救われるような夜もあります」(慶応義塾湘南藤沢高2年天田憲壮)。甘く切ない味だったろう。いやー、若いって素晴らしい。


阪神・淡路大震災から25年

2020年01月17日 09時00分

 大切にしている絵本がある。作品名を『でも、わたし生きていくわ』(ぶんけい)という。共にベルギーの作家コレット・ニース=マズールが本文、エステル・メーンスが絵を担当している

 ▼物語は突然の事故で両親を失った7歳の女の子ネリーのその後の生活を描く。おばさんの家に引き取られたネリーは、いとこたちと分け隔てなく育てられる。転校もしなければならなかったが新しい学校ですぐに友達もできた。周りはいい人たちばかり。何不自由のない暮らし。それでもネリーは夜ベッドに入ると時々考えてしまうのだ。「なんであんなことが、おこったのだろう。パパやママがいまもいたら、どんな毎日になっているだろう」

 ▼ネリーと同じ思いの人は、いまも少なくないだろう。阪神・淡路大震災からきょうで25年。震災関連死を含め6434人もの人々が犠牲になった。発生は1995年1月17日午前5時46分。死亡者の9割以上が、直後の6時までに亡くなったとみられている。突然すぎる別れだ。その日の朝、テレビをつけたとき目に飛び込んできた神戸の惨状を忘れることはできない。原形をとどめぬビルや家々、煙と炎に包まれた住宅街、崩壊した高速道路…。一瞬にして多くの人の人生が狂わされた。25年がたち、街は以前よりきれいで機能的になったと聞く。心の復興は同じだけ進んだろうか

 ▼先の絵本でネリーは、泣き疲れて眠った次の日の朝にこうつぶやく。「悲しみは消えないけれど、いま、わたしは、しあわせ」。阪神・淡路の被災地にもそう言える人がたくさんいるといい。


偏西風の蛇行

2020年01月16日 09時00分

 日本酒が好きで、品ぞろえが豊富な地酒店によく通っている。先日立ち寄ったとき、店頭にお気に入りの銘柄「大信州 番外品」(大信州酒造、長野県)が並んでいた
 
 ▼見ると何か紙片がぶら下がっている。そこにはこう書かれていた。「がんばろう長野 この商品の売上の一部を『令和元年台風19号』の災害義援金として長野県へ寄付させて頂きます」。そうだ、長野県も千曲川の氾濫で甚大な被害が出たのだった。長野に限らず被災地では復興が緒に就いたばかり。災害ごみなどはいまだ処理にめどが付いていない状況らしい。そんなこともあって助け合いの輪が広がっているのだろう。やはり地球温暖化が影響しているのだろうか。それだけ昨年の台風は普通でなかった

 ▼その異常の原因の一つとして指摘されているのが偏西風の日本付近での北側への蛇行である。偏西風のゆがみは地球規模の現象で発生メカニズムは複雑だが、昨年の日本では結果として台風が東北地方に入り込みやすい条件が整えられた。どうやら今の暖冬や少雪も偏西風のいたずらのようだ。北側への蛇行が続いているのである。気象庁などによると、高緯度にある偏西風が大陸からの寒波を押しとどめているのだとか。太平洋中西部の海水温の高さがそれに拍車をかけている

 ▼暮らすには楽でいいとはいえ、雪を資源にする観光やレジャー産業にはある種の災害のようなものだろう。除雪業者も維持費を捻出できないかもしれない。「百獣の雄叫び分だけ寒波来る」長内博。今季、偏西風を押し戻すそんな寒波は訪れるのだろうか。


立憲と国民の結婚話

2020年01月15日 09時00分

 生涯未婚率が年々上昇しているそうだ。国立社会保障・人口問題研究所などの推計によると、2015年に男性22.7%、女性13.6%だったのが30年には男29.5%、女22.5%に達するという

 ▼多様な生活を尊重する観点から結婚しないことへの社会的圧力が減ったことや、お見合いのような慣習的枠組みが敬遠される傾向にあることが影響しているらしい。ただ結婚できない男女には共通する特徴もあるようだ。それはお金への過剰な関心、強い自己主張、相手への非寛容な態度だという。ウェブでいわゆる「婚活」サイトを幾つか見たが、典型例として挙げられていた。つまりは理想と現実の差が大き過ぎるのだろう。お互い結婚はしたいが、妥協はしたくないのである

 ▼この話、個人だけではなく組織にも通じるところがありそうだ。立憲民主党と国民民主党の合流である。こちらも昨年は幸せな結婚を夢見て機運がかなり高まったものの、付き合ううち理想と現実の乖離(かいり)に気付いたとみえる。立憲としては民進党から引き継いだ国民の潤沢な政治資金がほしい。国民は主導権を持ったまま力を増したい。双方とも「わが方の政策こそ正しい」と考えているため妥協するつもりもない。これでうまくいく方が不思議である

 ▼立憲の枝野幸男、国民の玉木雄一郎両代表が10日、直接会談したが、物別れに終わったそうだ。もともと安倍政権を倒したいがために形ばかりの結婚を目指し、あわよくば金も力もともくろんだのが実際のところでないか。まあ政略結婚とは得てしてそういうものだが。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,983)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,713)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,582)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,990)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,933)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。