「エネルギー」に関する記事

鹿追町が瓜幕の脱炭素に向け、24年度に要求水準書を策定 

2023年10月16日 16時24分

 鹿追町は瓜幕エリアでの脱炭素の取り組みを加速するため、2024年度に要求水準書の策定を目指す。自営線ネットワーク構築や自然体験留学センターの移転改築を計画。23年度は瓜幕エリア基本構想の策定に取り組む。実施設計と施工は25年度以降に発注。27年度の事業完了を目指す。

関連キーワード: エネルギー 十勝

鹿追町が役場周辺施設群をZEC化改修 来春にも公告

2023年10月06日 16時00分

 鹿追町は、役場周辺エリアに立地する公共施設群のエネルギー消費量を限りなくゼロに近づけるZEC(ゼロ・エネルギー・コミュニティ)化改修を、2024年春にも実施設計と施工一括で公告する見通しだ。発注方式は公募型プロポーザルを想定。24年12月末までに業者を選定し、実施設計に入る。早ければ25年度にも着工し、27年度末の事業完了を目指す。

関連キーワード: エネルギー 十勝

もみ殻など利用した周年栽培技術 岩見沢農高が全国発表

2023年08月24日 17時03分

 特別豪雪地帯であり穀倉地帯の岩見沢市で、地域の厄介者である雪や産業廃棄物となるもみ殻を循環利用へ―。岩見沢農高農業土木工学科2年生の自然エネルギー専攻班は、26日にSDGsQUESTみらい甲子園全国交流会で、もみ殻を冷房や暖房の自然エネルギーと肥料に再生させ、野菜類の周年栽培技術として確立した成果をオンラインで発表する。地域の課題解決を図るアイデアとして注目されそうだ。

関連キーワード: エネルギー 学校 空知

脱炭素と産業振興両立 苫小牧市が年度末に構想中間整理案

2023年07月26日 17時02分

 脱炭素化と産業振興を両立するゼロカーボン産業都市・苫小牧の実現に向け、産学官によるプロジェクトが動き出した。市はエネルギー関連の民間大手や化学工学の学術団体などと連携し、検討組織でロードマップとなる全体構想を策定する方針。中間整理案を年度末にまとめる。既存施設や資源を有効活用し、再生可能エネルギーの製造や供給を目指す。

関連キーワード: エネルギー 胆振

江差町が再エネ環境保護へゾーニングマップを作成へ

2023年07月16日 08時00分
江差町が再エネ環境保護へゾーニングマップを作成へ

 江差町は、再生可能エネルギー施設の整備適地を示すゾーニングマップを2023年度末までに作成する。再エネの導入促進だけでなく、環境保護や住民生活への影響抑制を図る。24年6月ごろに公表し、乱開発を防ぐための将来的な条例制定にもつなげたい考えだ。

関連キーワード: エネルギー 桧山

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

都市型ロープウエー路線3案 石狩市の軌道系交通事業
2023年11月24日 (38,132)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (3,424)
藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,312)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,884)
ソフトバンク、苫東柏原にデータセンター 事業費は数...
2023年10月19日 (1,634)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。