「十勝」に関する記事

上空3万mから地上と通信 岩谷技研が気球打ち上げ実験

2022年05月19日 16時50分
上空3万mから地上と通信 岩谷技研が気球打ち上げ実験

 大樹町の北海道スペースポート(HOSPO)で19日、宇宙ベンチャーの岩谷技研(本社・札幌)が気球の打ち上げ実験をした。上空3万mまで飛ばして、地上との長距離通信を検証し、無事に受信できた。詳細は週明けに判明する。8月にも人を乗せて打ち上げて安全性を検証し、将来的には気球に乗って宇宙旅行ができるサービスを展開する。同社の掲げる「誰もが宇宙の入り口に」へ一歩近づいた。

関連キーワード: 十勝 宇宙

北勝光生会のしらかば苑改築 4分割で近く公告🔒

2022年05月19日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2022年5月18日付2面に掲載されました。本文は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナーをご覧ください。

関連キーワード: 医療福祉 十勝 改築 本紙見出し

畑地帯育成西中音更の23年度着工目指す 十勝総合局 

2022年05月16日 16時55分

 十勝総合局産業振興部は、畑地帯担い手育成型西中音更地区の2023年度着工を計画している。総事業費は22億5700万円を見込む。区画整理605.7haを施し、農地の急勾配や排水不良を改善する。22年度は調査設計を進め、29年度の事業完了を目指す。

関連キーワード: 十勝 農業

微生物で生ごみ処理 中札内村が施設新築に8月着工

2022年05月12日 16時15分

 中札内村は、新築する生ごみ処理施設に微生物処理を採用する。熱を使わずに菌の力で生ごみを分解し、残りかすや二酸化炭素の発生を抑える。新施設は8月にも着工し、年度内の完成、稼働を目指す。森田匡彦村長は「持続可能な施設になると思う。日本で最も美しい村を目指し、ゼロカーボンやSDGsの取り組みを推進したい」とする。

関連キーワード: 十勝

生物観察拠点「ワンド」復元 十勝川中流部市民協働会議

2022年05月11日 17時35分
生物観察拠点「ワンド」復元 十勝川中流部市民協働会議

 十勝川中流部市民協働会議(柳川久代表)は、十勝川相生中島地区に多様な生物の観察拠点となるワンドを復元した。会員企業のアークコーポレーション(本社・帯広)が設計、小川建設工業(同・本別)が施工を担当。整地や伐採によって川の生態系を調査する場を整えつつ、一帯の治水能力向上に貢献した。

関連キーワード: 十勝 河川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (14,019)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,325)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,579)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,329)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。