「団体」に関する記事

旭川地方生コン協組が24年4月1日から完全週休2日に移行

2023年09月05日 16時59分

 旭川地方生コンクリート協同組合は、2024年4月1日から土日を休みにする完全週休2日制に移行する予定だ。ドライバーら担い手の確保に向け、労働環境の向上を図る。出荷は平日のみの対応となるため、建設業など需要者に理解を呼び掛けている。

関連キーワード: 上川 働き方改革 団体

道建協が熊本のTSMC工場建設現場を視察

2023年07月03日 08時00分
道建協が熊本のTSMC工場建設現場を視察

 北海道建設業協会の栗田悟副会長らは5月25―27日の3日間、熊本県菊陽町内で進む台湾の半導体メーカー、TSMCの工場建設現場を視察した。千歳市内で進むラピダス(本社・東京)の次世代半導体製造拠点建設による道内建設業への影響を推定するのが目的。栗田副会長は「作業員は全て県外から賄われていたが、生コンは県内から調達していた。周辺の公共事業はすぐには始まらないようだ」と現状を話した。

関連キーワード: ラピダス次世代半導体工場 団体

札幌環状型高速実現へ 考える会の栗田氏が構想説明

2023年07月02日 08時00分
札幌環状型高速実現へ 考える会の栗田氏が構想説明

 札幌環状型高速交通体系整備を考える会の栗田悟氏(北海道建設業協会副会長)は27日、札幌市役所で、札幌市街地外周を巡る高速自動車道整備構想を説明した。栗田氏は札樽自動車道と道央自動車道をつなぐ補完ルートを札幌市南西部に新設し、高速環状交通網を形成することで「市民生活、経済活動の効率化を図ることができる」と強調した。

関連キーワード: さっぽろ圏 交通 団体 道路

「急傾斜地工法研究会」を設立 伊丸特殊工事など26社

2023年06月05日 08時00分
「急傾斜地工法研究会」を設立 伊丸特殊工事など26社

 伊丸特殊工事(本社・札幌)など26社は、急傾斜地の土砂崩落など災害防止を目的に「急傾斜地工法研究会」を設立する。施工関係会社で組織する「相取工法協会」も発足。特許技術のITK式相取(あいどり)工法を会員間に開放することで、急傾斜地工事の資機材搬入など仮設工の課題解決を促し、防災・減災や国土強靱化に貢献する考えだ。

関連キーワード: 団体 土木

「くしろ音楽プロジェクト」に建協が協賛 MV公開中

2023年06月04日 08時00分
「くしろ音楽プロジェクト」に建協が協賛 MV公開中

 コロナ禍で活動の場が極端に少なくなった地元の音楽関係者を応援しつつ、学生たちに希望を与えられたら―。地元放送局のFMくしろはとして昨年10月に釧路在住や釧路出身の音楽関係者が制作したCDを発売した。ことし4月には収録曲「Restart」のミュージックビデオ(MV)を完成させ、ホームページで公開している。冒頭には、協賛した釧路建設業協会(白崎義章会長)のPR動画も流れる。

関連キーワード: 団体 地域振興

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,967)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,347)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,313)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,221)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (814)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。