「 団体」に関する記事

建設関連の行事中止・延期相次ぐ コロナ感染再拡大で

2020年11月23日 10時00分

 新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴い札幌市の警戒ステージが「4相当」に引き上げられたことを受け、建設関連行事の中止・延期が相次いでいる。土木学会北海道支部は18日開催の2020年度選奨土木遺産の認定書授賞式を中止にした。国土交通省は仙台市で18日に開くよう準備を進めていた北海道・東北ブロック監理課長等会議を12月9日に延期。道も受注者や受託者に感染対策を取るよう通知するなど、警戒感が再び強まっている。

関連キーワード: 団体 新型コロナ

道建築士事務所協会が三共電気と共同でビル新築

2020年11月11日 10時00分
道建築士事務所協会が三共電気と共同でビル新築

 北海道建築士事務所協会は、三共電気工業(本社・札幌)と共同でビルを新築し、本部と札幌支部を移転することを決めた。同協会にとって設立時から念願だった設計会館が、2022年1月末に誕生する。新ビルには、北海道設備設計事務所協会など複数の団体も入居する見通しで、建設関連の技術者が集う拠点となる。

関連キーワード: 団体 新築

建設業と地域、輝く未来へ 道建青会全道会員大会

2020年09月11日 14時00分
建設業と地域、輝く未来へ 道建青会全道会員大会

室蘭経営研究会(小金澤昇平会長)が主管する第35回北海道建青会全道会員大会が10日、苫小牧市内のグランドホテルニュー王子で開かれた。基調講演やパネルディスカッションを通じて、建設業や地域のこれから、人材育成などについて考えた。

関連キーワード: 人材確保 人材育成 団体 胆振

建設業と地域の未来を考える 北海道建青会小金澤昇平会長

2020年09月07日 16時00分
建設業と地域の未来を考える 北海道建青会小金澤昇平会長

 北海道建青会は10日、第35回全道会員大会を苫小牧市内で開く。テーマは「THE CONSTRUCTION'S HEART♡未来へつなげDOBOKUの心をあつめて」。地域で活躍する建設業の経験や知恵を結集し、建設業と地域の今後を考える。小金澤昇平会長に話を聞いた。

林地残材を燃料化 栗山や千歳など6地区に中間土場

2020年08月08日 10時00分
林地残材を燃料化 栗山や千歳など6地区に中間土場

 石狩と空知管内の森林組合などで構成する道央地区未利用バイオマス供給協議会は、林地残材の有効利用に向けて燃料用チップの供給網を本格的に整備する。栗山や千歳など6地区で中間土場を開設。集めた林地残材は燃料用チップに加工し、シンエネルギー開発(本社・群馬県沼田市)の事業会社が石狩湾新港地域で計画する出力1万㌔㍗級の木質バイオマス発電所で使われる計画だ。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.5k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
伊藤組土建が首位に 20年度上半期のゼネコン道内受...
2020年11月12日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。