明日を見いだす 建設業若手経営者の挑戦

 建設業で30代、40代の経営者が続々と登場している。

 足元では少子高齢化、ITの発展で社会が大きく変化する中、コロナショックの発生で経済は混乱のさなかにある。不透明感を増す新時代を担う経営者たちは、これまでどう歩み、これから何を目指すのか。

 北海道建設新聞は、北海道経営未来塾(長内順一塾長)の協力を得て、同塾で学んだ建設業の若手経営者7人を取材した。連載で紹介する。

明日を見いだす 建設業若手経営者の挑戦(5)西條産業 西條公敏常務

2020年06月14日 12時00分

木材が軸 小樽に笑顔を 70年の歴史と新しい風の融合図る

西條公敏常務(35)

 前職はミュージシャン。中学校で音楽活動を始め、小樽潮陵高を卒業後、東京の大学に進んだ。精力的な活動が目に留まり、在学中に音楽事務所に所属した。卒業後、一度は不動産業者に就職したが、夢を捨てきれず、25歳で転職。音楽活動を再開し、昼は仕事、夜はライブの毎日を過ごした。CDが全国販売され、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組が始まるなど、順調に活動を続ける中、30歳になった2015年、東京での生活に別れを告げ、故郷の小樽に戻った。

 誘ったのは父・文雪社長だった。28歳の時、ラジオ番組のスタートが決まり、音楽活動にも手応えを感じていた。兄も自分も後を継がないことを、父や祖父に申し訳なく感じていた中、還暦になった父の後ろ姿が直接的なきっかけになった。「自分にとっての幸せは、自分が創った音楽を大勢の人に聴いてもらうこと。それならば東京でなくてもできる」。父に音楽活動は続けることを告げ、常務取締役として西條産業に入社した。

 同社は、ことし創業70周年を迎える老舗企業。建設資材の卸売をはじめ、一般建築や木造住宅の建築・リフォームなども手掛け、同社でマイホームを購入した市民も多い。入社後は、総務部を除く3部署に1年ずつ所属した。業務への理解を深める一方で、常務取締役という肩書にギャップを感じる自分もいた。

 自身の変化と覚悟が必要だと思い、19年度から小樽商大大学院で経営管理修士資格(MBA)の取得に挑戦。また、若手経営者らが集まる北海道経営未来塾に通い、多くの刺激を受けながら自身が求める経営論を探った。その結論は「父や祖父はカリスマのような存在だが、自分はそうではない。自分はチーム全体のシナジーを高め、組織力で堂々と戦いたい」。好きな音楽も部活動のサッカーも、いつもチームで乗り越え、喜びを分かち合ってきた。そんな経験が経営論にも反映された。

 19年12月に第1回小樽雪花火が開催された。05―11年の7年間、毎年クリスマスイブに開催していた人気花火大会の復活。同じ若手経営者らと、青春時代の思い出のイベントをよみがえらせ、その実行委員長を務めた。「東京の足立区で見た音楽とシンクロする花火大会。これをいつか小樽でもやりたいと思っていた」。市内経済団体で要職に就き、地域発展を担ってきた先代のDNAは、しっかりと引き継がれている。

 創業70周年に当たり、100年企業を目標とした中長期ビジョンの策定を任された。キーワードは「原点回帰」。木材を軸に、チャレンジ精神をもってチームで信頼を積み重ねてきた。「この仕事の最大の魅力は、お客さまの笑顔と、街のシンボルの建築に携われること。長年、弊社が大切に守ってきたものに、新しい考えをうまく融合させながら、進化を続け、次のお客さまの喜びにつなげる。そんなビジョンにしたい」。立つステージは変わったが、求めるものは今も変わらない。

(小樽支社・小田真沙樹)

西條産業
 本社・小樽市有幌町2の16。1950年設立。資本金4800万円。従業員数89人(グループ含む)。

西條公敏(さいじょう・きみとし)
 1984年9月9日、小樽市生まれ。青山学院大卒業後、フージャースコーポレーション(東京)を経て、2015年から現職。

(北海道建設新聞2020年6月5日付3面より)


明日を見いだす 建設業若手経営者の挑戦 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 日本仮設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。