連載・特集

会社探訪記 マルト東和開発 初心を忘れず一歩ずつ

2021年04月09日 12時00分
会社探訪記 マルト東和開発 初心を忘れず一歩ずつ

 マルト東和開発(本社・札幌)は、道路工事や造園、除雪業務を手掛ける土木会社。近年は民間土木にも力を注ぎ、本州の同業者と互いの閑散期に仕事を融通し合うなど連携を深めている。ドローンを使った3Dレーザー測量など新技術の導入にも前向きだ。6日で設立30周年を迎え、社長の石原章弘さんは「初心を忘れず、これからも一歩ずつ進みたい」と話している。

関連キーワード: 企業 会社探訪記

レールの彼方に 北海道新幹線開業5年(中)新幹線に依存しない

2021年04月07日 12時00分
レールの彼方に 北海道新幹線開業5年(中)新幹線に依存しない

 開業5周年を迎えた北海道新幹線は、沿線地域に何をもたらしたのか。現地取材から報告する。
「棚の商品がずいぶん減った。お客さんが増えてるね」。3月24日午後、北海道新幹線木古内駅に隣接する道の駅「みそぎの郷きこない」に立ち寄った納品業者のJA新はこだて木古内支店の女性職員が、吉川衆司センター長に笑顔で話し掛けた。

レールの彼方に 北海道新幹線開業5年(上)つながる経済ライン

2021年04月06日 12時00分
レールの彼方に 北海道新幹線開業5年(上)つながる経済ライン

 北海道新幹線が3月26日で開業5周年を迎えた。利用者数を見れば初年度の2016年度をピークに毎年減少し、コロナ禍の20年度は前年度の3分の1に当たる1日平均1500人で推移するなど苦戦が続く。だが沿線各地域には開業をきっかけとした前向きな変化も出ている。新幹線が地域に何をもたらしたのか、現地取材から報告する。

深掘り 道南いさりび鉄道 川越英雄社長

2021年04月05日 10時00分
深掘り 道南いさりび鉄道 川越英雄社長

 旧JR江差線の五稜郭―木古内間を引き継いだ「道南いさりび鉄道」が3月、開業5周年を迎えた。接続する北海道新幹線の利用者数が低迷する中、住民の足としての生活路線、また道外にも知られる観光路線として今までどう歩んだのか。運営主体の第三セクター、道南いさりび鉄道の川越英雄社長(64)に聞いた。

関連キーワード: インタビュー 深掘り 渡島 鉄道

行政書士池田玲菜の見た世界(6)経営における判断の遅さ

2021年04月01日 12時00分

 日本での歴代興行収入ランキングで1位となった「鬼滅の刃」。映画にはありませんが、原作である漫画にもアニメ化された作品にも出てくるセリフに「判断が遅い」というものがあります。主人公の竈門炭治郎は、師匠である鱗滝左近次に「判断が遅い」と言われます。炭治郎がなぜ「判断が遅い」と言われるのかは作品に譲ります。該当シーンは序盤にありますので、ご興味がございましたらぜひご覧ください。今回は、経営における「判断の遅さ」について考えます。

関連キーワード: 行政書士池田玲菜の見た世界

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.3k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.1k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。