コラム「透視図」

宇宙ごみ

2017年02月01日 10時08分

 ごみ屋敷なるものが日本中に案外と多くあるらしい。テレビのワイドショーでも時々話題になるが、近所にそれらしき家があるという人も少なくないのでないか

 ▼近隣住民にとっては迷惑千万な話だろう。衛生上の懸念があるし臭いも気になる。火事だって心配である。家主に苦情を言っても改善されず、トラブルになる例も多いと聞く。どうやら片付けを怠っているうちに、一人では対処できない事態に陥るようだ。知らぬ間に進行し、気付いたときにはすでに手遅れ、近隣は大迷惑、となるのがごみ屋敷の特徴だろう。ところでこれと同じことが宇宙で起こっているとしたら…

 ▼実は今の地球も膨大なごみに取り巻かれ、ごみ屋敷ならぬ「ごみ地球」の様相を呈しているのだとか。役目を終えたり壊れたりした人工衛星や剥がれ落ちたロケットの破片、いわゆる「宇宙ごみ」がその正体である。宇宙航空研究開発機構によると、10cm以上のごみが約2万個、1cm以上10cm未満に至っては約50万個にも上るという。これだけの数になるといつ現役の衛星や宇宙ステーションに当たらないとも限らない。しかも1cmのごみで自動車がぶつかったと同程度の衝撃があるという。ところが責任持って片付ける家主はいない

 ▼そこで日本の宇宙輸送船「こうのとり」6号機が、もう放置しておけぬと清掃に乗り出した。先月28日からわれわれのはるか頭上で除去実験を始めたそうだ。装置の不具合で難航しているようだが、ぜひ成功させてほしい。宇宙に出てまでごみトラブルに悩まされるなど夢がなさすぎる。


知床の日

2017年01月31日 09時49分

 司馬遼太郎が「街道をゆく」シリーズの『オホーツク街道』で、地元の流氷話を紹介していた。こんな内容である

 ▼中学校の教頭が流氷に乗ったところ、突然岸を離れて沖へ流れ出した。それに気付いた同じ学校の事務職員が勇を奮い、氷の海に飛び込んで救ったというのだ。後で事務職員はこう語ったそう。「先生は全職員の給料を持っておられた」。司馬さんは「おもしろすぎるから、作り話かも」と記していた。美しく神秘的な流氷には思わず乗りたくなるが、実は大変な危険もあると教えるための話らしい。一方で流氷は豊かな栄養をもたらし海洋生物を育む。それが陸上生物の営みをも支え、全体として独特の生態系をつくり上げているそうだ

 ▼知床が2005年、世界自然遺産に登録されたのもそんな流氷の役割が評価されてのこと。きのうは道が設けた初めての「世界自然遺産・知床の日」だった。多くの記念行事もあり、価値や保全、適正利用の在り方をあらためて考える日になったのではないか。知床と聞くといつも思い出すことがある。それは筆者が羅臼岳に登ったときのこと。途中、つえを突いて一人きりで登ってくるお年寄りと出会った。話すと80歳を超えているという。「昔、妻と一緒に来たこの山の自然が忘れられなくて」再び訪れたそうだ。奥さまは随分前に亡くなったのだとか。当時は二人で自然を愛でながら歩いたに違いない

 ▼流氷、登山、動植物。一人一人、心の中に自分だけの知床を持っている。世界にもまれな自然あればこそだろう。一人一人、守る意思も持たねば。


冬は火事の季節

2017年01月30日 09時44分

 深い印象を残すその季節特有の情景を、五七五の文字形式で刻む文学が俳句である。必ず季語を入れる決まりは多くの人がご存じだろう

 ▼ただその一つに「火事」があるのはあまり知られていないのでないか。表すのは冬。火を使う機会が増え、空気が乾燥して風も強いため火事が発生しやすいからという。こんな句があった。「火事跡の鉄瓶に蓋ありにけり」五十嵐研三、「茫然とせる横顔に火事明り」多田遊輪子。その場の風景が目に浮かぶ。加えて筆者の胸の内にはどうにも生々しい恐れの感情が湧き上がってくる。それというのも、昨年11月末に筆者の家の近所で火事が起こったばかりだからである

 ▼その日、朝早く外に出ると、濃い煙の臭いが辺りを覆っていることに気付いた。サイレンが鳴り響き、通りの向こうに何台もの消防車が集まっている。後からテレビで見たのだが、一軒家が全焼し、家族3人が亡くなったそうだ。冬はどこの家でも常に暖房の火が燃えている。人ごとと油断していられない。道総務部危機対策課がまとめた火災年報によると、死者の約9割は住宅火災で出ているそうだ。その原因の6割以上は逃げ遅れらしい。ぞっとする数字である

 ▼暖房器具本体だけでなくその電気配線にも注意が必要だ。製品評価技術基盤機構NITEが26日、注意を促していた。電源コード内の断線や最大消費電力を超えた使用で発火する例が後を絶たないという。ねじれや踏み付けも危険とのこと。「出陣のごとき身支度火の見番」西村周三。春までそれくらいの気合いで、用心を続けたい。


やじろべい

2017年01月27日 09時41分

 近頃はそれほど見掛けなくなったが、子どものころ、その不思議さに目を奪われた経験を持つ人も多いのではないか。日本の伝統玩具「やじろべえ」のことである

 ▼江戸時代からあるそうで、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』に登場する弥次郎兵衛が名の由来という。旅の振り分け荷物から来たわけだ。片方を下げればもう片方が上がる。押しても引いても姿勢は必ず元に戻って倒れない。単純だが奥深い玩具である。どうやらそのやじろべえ、最近は名前が変わり、姿も大きくなっていたため目に入らなかったようだ。今はTPPと呼ぶ。伝統にのっとって日本風に言うと環太平洋経済連携協定である

 ▼そもそもは2010年に当時の民主党政権が参加を表明。このとき自民党は反対の立場をとっていた。12年に政権を取り戻した自民がその後、推進に転換すると、今度は民主が反対に回る。民進党になっても方針は変わらなかったものの、24日には蓮舫代表から本心は賛成なのではと思わせる発言が出たと聞く。右を上げれば左が下がる、左を上げれば右が下がる。いやはや政治家というのは実に伝統玩具を上手に楽しむものだと感心する。こちらとしては、与野党のマンネリ化した「伝統芸」にげんなりするばかりだが

 ▼さらには「俺をのけ者にするな」とばかり、海の向こうからトランプ米大統領が思い切り揺さぶりをかけてくる始末。さしものTPPやじろべえも安定を保てるかどうか怪しくなってきた。もともとが政治家弥次さん喜多さんの気ままな旅である。珍道中になるのも無理ないか。


8人で36億人分

2017年01月26日 09時14分

 文豪トルストイに貧しい農民の話がある。その男は働き者だが土地を持っていないため、いくら頑張っても貧乏なまま。ある日、夢のような噂を聞く。太陽が沈むまでに三角形で囲えた分だけ土地が手に入るというのだ。男は勇んで出掛けた

 ▼歩いて囲み始めると欲が出て各辺の距離は伸びる。日没は間近。必死に走りぎりぎり間に合ったが、そこで命尽きた。最終的には、2mの土地があれば十分だったというわけ。つまり埋葬する穴の分だけ。トルストイらしい辛辣(しんらつ)な結末である。この男を愚かと見るのは簡単だが、目の前で財産が増えていくのを目の当りにしたら、どれだけの人が冷静でいられるだろう。どこかで自分に「もう十分」とブレーキをかけられるだろうか

 ▼最近、国際NGO「オックスファム」が出した報告書に触れ、そんなことを考えさせられた。発表によると「世界で最も豊かな8人が、世界の貧しい半分の36億人に匹敵する資産を所有している」ことが明らかになったそうだ。一代で事業を築いた人も多い。8人が殊更欲張りなわけではないのだろう。ただこれだけの格差を生む今の経済システムは、相当にゆがんでいる。特に米国はもうけることに際限なく甘い風潮もある

 ▼トランプ米大統領が早速メキシコ国境に壁を造る大統領令に署名するという。移民やテロへの対処を最重要に位置付ける新大統領だが、この世界的な格差拡大が、泥沼化するそれらの問題の根にあることをご存じだろうか。米国の富の囲い込みに忙し過ぎて気付いていないのではと心配である。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,009)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (988)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。