コラム「透視図」

発表会には

2016年05月14日 09時00分

 ▼学芸発表会といえば小学校の一大行事である。子や孫の活躍を毎年楽しみにしている、またはしていた、という人も多いのでないか。演劇や合唱、展示。幼い出来だが一生懸命さが胸を打つ。「子がわれかわれが子なのかわからぬまで子を抱き湯に入り子を抱き眠る」(河野裕子)。そんな赤ん坊だった子が舞台で立派に役を務めている。子どもにとっても親御さんらにとっても成長を実感する機会だろう。

 ▼子どもたちが練習に励んだ成果を見ることができるのはうれしい。ところが、相当な練習を積んだのだろうと想像はできても、どこか気持ちの悪さが拭えない発表会もある。つい最近も目にした。北朝鮮の第7回朝鮮労働党大会と祝賀行事の大パレードがそれだ。大会は36年ぶりに開かれたという。金正恩氏の党委員長就任を発表し、偶像化をさらに進めるのが狙いだったらしい。見え透いた筋立てで、小学生には悪いが拙い演劇をやゆする「まるで学芸会」の言葉がぴったりだった。

 ▼金委員長は今回、核保有国であることを殊更強調した。交渉に使えるカードは、もはや核兵器のみと考えてのことだろう。「わらをもつかむ」とはこのことだが非常に危険だ。折しもオバマ米大統領の広島訪問が決まった。計ったのかどうか金委員長の「核武装」カードに対し、「核なき世界」と「日米関係深化」カードで切り返した格好になる。つまり相手にせずだ。手前勝手な筋書きではそっぽを向かれるだけ。発表会には国際社会が拍手喝采するような台本を用意した方がいい。


熊本補正予算

2016年05月13日 09時04分

 ▼先の連休に、用事があって旭川へ行ってきた。札幌市内から旭川まで高速道路に乗ったのだが、途中から満開のエゾヤマザクラが次々と現れ、思わぬ花見を楽しんだ。雨上がりで空気が澄んでいたため、雪を抱いた夕張山系や樺戸山系も格別に美しく見えた。他にも目に付いて仕方なかったものがある。それは高速道路をまたぐこ道橋である。これまで何度も走っていて、気にしたことなどなかったのだが。

 ▼理由は考えるまでもない。発生からもうすぐ1カ月になろうとする熊本地震の影響だ。一連の地震では九州自動車道のこ道橋6本が大きな被害を受け、このうち「府領第一橋」1本は16日の本震で高速道路上に崩落した。だからである。怖いというほどでないが、運転していて目の前にこ道橋が見えるたび不安がぼんやり頭をかすめた。この橋脚は少々きゃしゃ過ぎないか、もしあの高さから橋桁が落ちてきたら…。取り越し苦労だと分かっていても、報道で見た光景が頭を離れない。

 ▼被災したわけでもない北海道の住民にしてこうなのだから、現地に住む方々の心労はいかばかりか。せめて体だけでも大切にと願うばかりである。昼夜別ない地元建設業者らの頑張りはもちろん、全国各地からも多くの技術者が駆け付け、インフラの応急復旧は随分進んだと聞く。ただ、普通の生活を取り戻すのはこれからだ。政府はきょう、復興に向けた総額7780億円の補正予算案を国会に提出する。編成が早いのは何より。被災者に寄り添う血の通った予算執行を期待したい。


味噌蔵

2016年05月12日 09時08分

 ▼「金があれば馬鹿でも旦那」のことわざをそのまま笑い話にしたような落語に「味噌蔵」がある。味噌屋のけち兵衛は金持ちだが飛び切りのけち。物を食べるから女房はいらない、入費が増えるから子どもができたら災難、という徹底ぶりだ。ある日用事で出掛けると、店の者たちはここぞとばかり飲めや歌えの大宴会。店が心配で早く帰ってきたけち兵衛はカンカンである。その上味噌蔵の火事騒ぎまで。

 ▼何せ節約したいがために、使用人の三食を全て薄いみそ汁とごはんのみにしていたというのだから、恨まれても仕方ない。お金に心を奪われていると、いずれ大切なものを失ってしまうということだろう。タックスヘイブン(租税回避地)を利用している企業や個人の名前が書かれた流出名簿「パナマ文書」公表の報に触れ、この噺が思い浮かんだ。21万件のデータのうち、日本に関連するものも400件ほどあったらしい。大手企業やよく耳にする経営者の名も取り沙汰されている。

 ▼もちろん資金洗浄や脱税は別にして、タックスヘイブンの利用そのものが違法というわけではない。ただ行き過ぎた節税は卑劣とのそしりを免れないだろう。自国には薄いみそ汁とごはんしか出さず裏でため込んでいるのだから。経済学者トマ・ピケティもタックスヘイブンの存在を懸念していた一人だ。『21世紀の資本』では所得格差の広がりを実証し、世界が足並みをそろえて資本課税をするよう提唱していた。さてパナマ文書のお歴々の味噌蔵にも、火の手が迫っているのでは。


五月病

2016年05月11日 09時07分

 ▼日常を抜け出し、普段できないことをたっぷり楽しんだ人もいよう。ことしの黄金週間は2日休めば10連休というところも少なくなかったようだ。一転、連休明けから6月にかけて平日に祝日はない。どうにか1日くらい黒い数字が赤に変わらないかと、恨みがましい目でカレンダーを見詰めている人もいそうである。ただの連休ボケならいいが、新入社員や新入生が息切れを感じているとしたら要注意だ。

 ▼いわゆる五月病が始まる時期である。適応障害の一種とされるが、昔からあったらしい。卒業して世の中が怖くなってしまった知り合いに宛てた夏目漱石の書簡が残っている。1906(明治39)年7月のものだ。この中で「もつと大胆になれ」「千万人といへどもわれ行かんといふ気性を養へ」と勧め、「天下は君の考ふる如く恐るべきものにあらず、存外太平なるものなり」と説いている。神経質だった漱石の言葉と思えないが、自分に言い聞かせていたことだったかもしれない。

 ▼症状が深刻なら受診した方がいい。それほどでなければ漱石の助言も聴くべき価値はありそうだ。絵本作家の五味太郎さんが『さらに・大人問題』(講談社)でユーモアに満ちた指摘をしていた。「おもしろくないのに学校に行っている子」は「まずいラーメンなのに食べている子」と同じだというのである。五月病になった本人はひとまず置き、職場や学校の側に「まずいラーメン」を無理やり食べさせる体質はなかったか。本人でなくそちらの側が病んでいる例も実は少なくない。


おせっかい

2016年05月10日 09時35分

 ▼「おせっかい」はいらぬこと、と考える人が今は多いのでないか。かつては近所付き合いの潤滑油として、結構な役目を果たしていた。昭和の名女優沢村貞子の母も、かなりのおせっかい焼きだったそう。随筆集『わたしの茶の間』(光文社)で、母の姿を振り返っている。隣で赤ん坊が泣くのを聞きつけると「何をおいても庭づたいに飛んで行った」。困っている人を見捨てておけないたちだったという。

 ▼おせっかいは時々行き過ぎることもある。ただ助け合って生きていくにはそんな人情も欠かせなかったろう。国際社会も事情は同じなのかどうか。6日に安倍晋三首相とプーチンロシア大統領が首脳会談をした。どうやら安倍首相がお隣のロシアまでおせっかいを焼きに行ったようだ。安倍首相はプーチン大統領に経済協力などを提案したらしい。ロシアは今、ウクライナ侵攻に端を発した西側の経済制裁に苦しんでいる。弱みは見せないものの内心、日本の提案を喜んでいるはずだ。

 ▼孤立を深めるロシアにとって、この時期の安倍首相訪問は渡りに船ではないか。もちろん日本も北方領土問題を前に進めたいとの思惑があってのこと。今回の首脳会談では、「新たな発想に基づくアプローチ」をすることで意見が一致したそうだ。道民として期待感が高まる一言である。外交は言葉一つで劇的に事態が動くことも少なくない。大切なのはお互いの信頼だろう。お隣のために少しおせっかいを焼くくらいでないと、いつまでたっても関係改善など望めないのかもしれぬ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 古垣建設
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,074)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,459)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,866)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,236)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。