コラム「透視図」

叔父という存在

2016年11月18日 10時00分

 明治維新で精神的支柱の役割を果たした幕末の思想家吉田松陰は、幼少のころ叔父玉木文之進に厳しく鍛えられたという

 ▼玉木という人物は松下村塾の創設者で、幼くして山鹿流兵学師範の吉田家当主となった松陰の後見役でもあった。もともと優れた知力体力を備えていた松陰だったが、玉木の薫陶を受けて才能が花開いたそうだ。子育てでは時に叔父が実の親以上にその子の人生に影響を与えることがあるらしい。人生を左右する一大事といえば、職業選択もその一つだろう。やはり叔父の存在が建設業界に飛び込むきっかけとなった技術者たちの話を、少し前、本紙に載った「私たちの主張―未来を創造する建設業―」で読んだ。国土交通大臣賞を獲得した2作品である

 ▼佐藤工業(福島県)の吉成健さんは、幼いころ叔父とよく一緒に出掛けたそうだ。自らが施工に関わった場所に行くと誇らしげに紹介する叔父は、吉成さんにとって憧れの「ヒーロー」。いつか自分もと考えるようになっていったという。加賀建設(石川県)の寺田智子さんの叔父はゼネコンで長年現場監督を務めていた。「大勢の人が一緒に頑張ったからこそ今、地下鉄が走りよる」。目を輝かせて建設の喜びや誇りを語るのが常だったそう

 ▼二人は今建設の道を歩み、吉成さんは東日本大震災の災害復旧で人々の生活を取り戻すのに奮闘。寺田さんは現場でチームプレーの奥深さに魅せられ「この業界は本当にカッコイイ」と胸を躍らせている。きょうは「土木の日」。叔父さんはじめ多くのヒーローたちに思いをはせたい。


福島の少年の手記

2016年11月17日 10時28分

 題名は後にするが、竹中郁にこんな詩がある。「僕は眠つてゐる。誰かと一緒に、一つの寝床で。 かしてくれるやさしい手枕。僕はその手ばかりを愛撫する。それ以外には胴もない、顔もない、髪もない、 君はこの人を誰だと思ふ。当ててみたまへ。」

 ▼さて、「この人」が誰だか当てることができただろうか。答えは「絶望」。詩の題名でもある。夢や希望は失われ、絶望だけが傍らに寄り添っていたのだろう。東京電力福島第一原発の避難で福島から横浜の小学校に転校し、ひどいいじめを受けるようになった少年もやはり絶望を感じていたようだ。おととい、今は中1になった少年が弁護士を通じ手記を公表した。目にした人もいようが、胸が詰まる内容である

 ▼放射能を材料にばい菌扱いされ、蹴られ殴られ、「ばいしょう金あるだろ」と大金まで脅し取られたそうだ。学校に話したが信用してくれなかったとも記している。「いままでなんかいも死のうと思った」らしい。どれだけつらかったことか。いじめは社会の縮図という。聞くと福島産農産物を食べるのは危険、福島の人は放射能で汚染されている―そんな科学的根拠のない風評を真に受け、広める人もいるのだとか。そんな心ない言動が子どもの世界をゆがめ、いじめの温床となり、絶望を生んだのだろう

 ▼けれど少年は踏みとどまった。支えたのは意外にも死者たちだったという。手記にはこうある。「でも、しんさいでいっぱい死んだからつらいけどぼくはいきるときめた」。命を慈しむ思いと勇気が大人たちの愚かさを打つ。


駆けつけ警護

2016年11月16日 17時45分

 持っているのに一度も使ったことがない。現実の世界であればそれは無駄とされるのだろうが、架空の話であれば事情は変わってくる

 ▼江坂遊のショートショート「無用の店」(光文社文庫所収)で売られるのがまさにそんな商品だ。例えば傘を買えばその人の上には絶対に雨が降らない、医薬品ならその日から全く病気をしなくなる、といった具合。使わないというよりも、使う必要をなくす効果があるというわけ。もっとも通常品と比べ相当に値は張る。それだけの価値は十分にあるのだが。さて、こちらは使う事態になるのか、そうならずに済むのか。政府はきのう、国連平和維持活動(PKO)で南スーダンへ派遣する陸上自衛隊部隊に、安全保障関連法に基づく新任務「駆けつけ警護」を付与する閣議決定をした

 ▼国連や非政府組織の職員が武装集団などに襲われたとき救援に向かう任務だが、これにより自衛隊は他国で武器を使用する正当な根拠を持つことになる。次期派遣部隊から適用されるという。世界には自力で状況を改善できない国がまだ多くある。国連も支援しているが、難しいのは国内紛争がやまないこと。竜虎相はむ危険地帯に丸腰の人間は送れない。となると軍の出番。自衛隊PKOの役割もそこにある

 ▼これまでは職員らが襲われても救援に行けず、宿営地を守るにも他国軍に頼るしかなかった。それが自衛隊で可能となれば安全確保の選択肢が増え、現場にとって一つの安心材料になるのでないか。もちろん持っていても使う必要など起きないのが一番。無駄で十分だが。


高齢運転者の決断

2016年11月15日 10時00分

 現代日本風に言うなら「レジェンド」だろう。米国作家ダニエル・フリードマン著『もう年はとれない』(創元推理文庫)の主人公は、メンフィス署殺人課で数々の伝説を作った元刑事である

 ▼名前はバック・シャッツ。主人公としては異色の87歳という高齢だが、気力体力の衰えに悩まされながらも、昔と変わらず巻き込まれた事件には敢然と立ち向かっていく。武器は持ち前のタフな精神力と、痛烈な皮肉である。あくまでも自分の意志を貫く硬骨漢というわけ。ただ、そんな無頼派のバックでも車の運転だけは控えているらしい。友人の見舞いに病院まで行かねばならない場面で、運転しない理由をこう語っている。「なにがどこにあってどうつながっているのかを思い出すのが年々困難になってきて、世界という円は自宅を中心にだんだんと縮みつつある」

 ▼加齢の影響で安全運転が難しくなっていると自覚しているのだ。誰もがこんな風に自分の能力を正確に把握し、自制することができればいいのだが。最近、高齢運転者による悲惨な死亡交通事故が相次ぐ。10月28日に87歳男性の軽トラックが小学生の列に突っ込んだのをはじめ、今月10日には84歳男性が自治医大で、また12日には83歳女性が国立病院機構で暴走して人をはねた

 ▼警視庁の統計によると高齢運転者の事故は全国的に増加の一途なのだとか。長い人生、誰もが「レジェンド」の一つや二つ持っていよう。しかし最後に人をあやめてしまえばそれも台無しだ。いつかきっぱり運転はやめる。その勇気だけは早くから温めておきたい。


福岡市の道路陥没

2016年11月11日 09時50分

 福岡市のJR博多駅前で8日発生した大規模道路陥没事故のニュース映像には驚かされた。整然とした街に突如出現した奈落である

 ▼幅と長さが各約30m、深さが最大で15mというから、5階、延べ4500m²程度のビルがすっぽり入ってしまう見当だ。崩落時の動画を見ると、瞬く間に道路が地下に飲み込まれていく。ガスと下水の臭いも立ち込めたらしい。隣接したビルにいた人は生きた心地もなかったろう。その恐ろしい光景を目にして、芥川龍之介の短編「老いたる素戔嗚尊」(1920年)のこんな一節を思い出した。「どうしたはずみか、急に足もとの土が崩れると、大きな穴の中へ落ち込んだのです」

 ▼老いたスサノオが、娘の須世理姫と恋に落ちた若者を荒野に誘い出し焼き殺してしまおうとする場面。火に囲まれ逃げ場を失った若者は足元の地面が突然崩れたため無事助かったのだったが、今回の事故では工事関係者らの機転や市の適切な対応で、一人も穴に落ちることなく助かったらしい。現場では地下鉄七隈線の延伸工事をしていたそうだ。市はこれが影響したと認め、原因の解明に努めるという。ことしは熊本地震もあった。福岡市も震度5を記録したと聞く。液状化や岩盤の裂け、老朽インフラの破損はなかったのだろうか。それが気になるのは全国どこでも同じことが起こり得るからである。傷ができれば何かの弾みで必ず広がり事故を招く

 ▼とはいえ隣接したビルは揺るぎなく立ち続け、14日までには現場の仮復旧も終えるという。その建設技術の高さにも驚かされる。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,521)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。