地域のために働く大学 船水尚行室蘭工大副学長に聞く

2018年08月28日 07時00分
地域のために働く大学 船水尚行室蘭工大副学長に聞く

 2019年4月に工学部を理工学部に移行する室蘭工大。新たな教育課程をスタートさせ、地域の産業発展に貢献する科学技術者の育成を目指す。企業や自治体との連携を深め、〝地域のために働く〟大学としての位置付けを強化。研究・連携担当の理事を務める船水尚行副学長に、室蘭工大が目指している姿を聞いた。

関連キーワード: 人材育成

高等技専生に最高10万円 北見市が技能者育成奨励金

2018年08月24日 08時00分

 北見市は、23日に開かれた市議会産業経済常任委員会で、道立北見高等技術専門学院の入校者に対する助成を行う北見市技能者育成奨励金制度について報告した。2019年4月以降の入校者を対象に2年間、教科書、参考図書、実習服、私物工具などの個別経費を助成する。限度額は10万円とする見通し。

関連キーワード: 学校

釧路工高生らがICT体験 道建設部が担い手確保へ講習会

2018年08月24日 07時00分
釧路工高生らがICT体験 道建設部が担い手確保へ講習会

 道建設部は22日、釧路工高でICT体験講習会を開いた。ICT建設機械施工やドローンによる測量などを生徒らに説明し、担い手確保・育成に向けて職場環境が変わる建設業界をPRした。

未来を担うワカモノの思い 丸富テント工業 渡辺聖鐘さん

2018年08月22日 07時00分
未来を担うワカモノの思い 丸富テント工業 渡辺聖鐘さん

 母親から編み物や刺しゅうを教えてもらったことがきっかけで、ものづくりに興味を持った。高校卒業後は服飾関係の専門学校に進学。衣装のデザイン・製作からモデルまで学生が務め、一般に公開するファッションショーが思い出深いという。3―4カ月を準備に費やし、「クラスみんなでやる達成感があった」と懐かしむ。

北見市 高等技専生へ助成を検討、存続も後押し

2018年08月21日 07時00分

 北見市は、道立北見高等技術専門学院の入校者を対象とした訓練経費の助成制度を検討している。助成対象となる費用は、教科書や私物工具、実習服などの個別経費とする見通しで、助成額や助成対象者の範囲などについては検討中。2019年4月からの助成を目指しており、地元からは助成制度を期待する声が上がっている。ものづくりの人材を養成する高等技専の存続も後押しする格好だ。

関連キーワード: 人材育成 学校
三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,187)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,563)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,548)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。