「 住宅」に関する記事

分譲など好調に推移し住宅着工高水準 17年の道内35市

2018年02月09日 08時30分

 2017年の道内35市新設住宅着工戸数がまとまった。前年比1.9%、597戸増の3万2844戸となった。国の低金利政策や住宅ローン減税、消費増税の先送りなどの影響で、分譲住宅などが好調に推移した。過去10年では08年に次ぐ高水準を記録した。町村分を含めた全道分は1.3%、488戸上回る3万7441戸。町村部で前年を下回ったものの、全体では貸家を除く用途で増加した。

関連キーワード: 住宅

UD化や地場産材の活用も 中標津町が公住建替計画で素案

2018年02月08日 09時30分

 中標津町は、2018―27年度を計画期間とする公営住宅等長寿命化計画素案をまとめた。建て替え基本方針では道営を含む27年度の管理戸数を現計画より84戸多い812戸に設定。このうち規模が最も大きい東中団地(202戸)は20年度から5カ年で128戸に現地建て替えする計画を盛り込んだ。

関連キーワード: 住宅

中古住宅リノベーションの「リノベる」が道内に進出

2018年01月29日 19時00分

 中古マンションのリノベーションサービスを手掛けるリノベる(本社・東京)が道内に進出した。エリアパートナーを務める高橋産業(同・札幌)の住宅建材流通の実績を生かし、道内でも関心が高まるリノベーション需要に応える。27日、札幌市中央区にショールームをオープンした。

関連キーワード: 住宅

住宅診断士の役割大きく さくら事務所がセミナー 

2018年01月26日 20時00分

 ことし4月施行の宅地建物取引業法(宅建業法)一部改正で、不動産業者は中古住宅を売買する際、インスペクション(住宅診断)制度をユーザーに説明しなければならなくなる。そんな中、さくら事務所ホームインスペクション北海道(札幌)は25日、日本ホームインスペクターズ協会(本部・東京)の長嶋修理事長を招き、今後の不動産市場を考えるセミナーを札幌で開いた。今後の急激な人口減少から、中古住宅市場は現状より5倍ほどに拡大。築年数一辺倒だった物件評価の考え方も変わり、住宅診断士の役割はさらに重要になると訴えた。

関連キーワード: 住宅

北清建設「薪ストーブのある家」 ウッドデザイン優秀賞

2017年12月01日 19時00分
北清建設「薪ストーブのある家」 ウッドデザイン優秀賞

 木の良さや価値を再発見させる製品や取り組みについて、特に優れたものを消費者目線で評価・表彰する「ウッドデザイン賞2017」(主催・同賞運営事務局)の上位25作品が決まった。道内からは、北清建設(本社・恵庭)と森林保全活動を進める恵庭ふるさと100年の森による「地域の森とつながる『薪ストーブのある家』づくり」がハートフルデザイン部門で林野庁長官賞(優秀賞)に輝いた。

関連キーワード: 住宅
1 / 812345...最後 »

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ススキノに200室ホテルを新築 コロンビアワークス
2018年01月30日 (2,146)
北海道新幹線 札幌駅ホームの行方(下)
2018年02月19日 (2,140)
北海道新幹線 札幌駅ホームの行方(上)
2018年02月16日 (2,042)
道新幹線札幌駅ホーム「東案その2」イメージをJR公表
2018年02月16日 (1,674)
「現駅見直し」「大東」2案に 北海道新幹線札幌駅ホーム
2018年02月10日 (1,351)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第130回は「塩分制限」。日本食は塩 辛くなりがち。6㌘以下を目指すため には、かなり工夫が必要です。