「 住宅」に関する記事

胆振東部地震、2階建併用住宅に被害集中 建築研など調査

2018年10月06日 15時00分

 国立研究開発法人建築研究所などは2日、北海道胆振東部地震による建築物の被害調査結果を公表した。倒壊や大きな変形が生じた木造建築物は、比較的古い2階建ての店舗併用住宅に多かった一方で、専用住宅や平屋の建築物の多くは、無被害や軽微な被害にとどまっていた。

関連キーワード: 住宅 災害 胆振東部地震

栗山町の中央団地移転 19年度に基本・実施設計

2018年10月03日 15時00分

 栗山町は、移転改築を計画している中央団地について、2019年度に基本・実施設計に取り組む予定だ。規模はW造、2階、6棟39戸で計画。工事費には約8億2000万円を見込み、20年度から3カ年で施工する見通しとなっている。

関連キーワード: 住宅

厚真、安平、むかわの3町で仮設住宅建設始まる

2018年09月27日 18時00分
厚真、安平、むかわの3町で仮設住宅建設始まる

 北海道胆振東部地震で被害を受けた厚真、安平、むかわ町で25日、仮設住宅建設に向け整地作業が始まった。道は1期工事分として3町合計130戸を建設。10月末完成を目指す。

関連キーワード: 住宅 災害 胆振東部地震

最優秀に押川、秋山さん 北の住まい住宅設計コンペ

2018年09月20日 13時00分
最優秀に押川、秋山さん 北の住まい住宅設計コンペ

 北海道建築士事務所協会は19日、ANAクラウンプラザホテル札幌で第43回北の住まい住宅設計コンペの最終審査会を開いた。応募作品33点の中から、押川快さんと秋山瑞穂さん(いずれも北大大学院2年)の共同作品を最優秀賞に選んだ。

関連キーワード: フレッシュ 住宅

6割が空き家解体希望 函館市西・中央部の所有者意向調査

2018年09月05日 18時00分

 函館市は、空き家対策の重点対象地区に指定している西部、中央部2地区で、所有者の意向に関する調査報告書をまとめた。解体希望が約6割に上り、売却や賃貸を望む声もある一方、解体費用や需要がないことで活用が進まない現状が見えた。市は相談窓口の充実や他団体との連携強化などを図り、利活用を促す。

関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (6,027)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,539)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,478)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,011)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,705)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!