「 建設新聞で読み解く あのときの札幌」に関する記事

第4回「札幌駅前通北街区のビル建設〈西3丁目側〉」

2018年10月07日 07時00分
第4回「札幌駅前通北街区のビル建設〈西3丁目側〉」

 1970(昭和45)年1月1日付の特集に掲載された札幌駅前通を中心とした都心部を見ると、ビルの高層化が進んできているのが分かる。第1~3回では、札幌駅前通沿いのうち、南1条―南4条間を中心に本紙を振り返ってきたが、今回は南1条―南4条間よりも一足早くビル化が進んだ大通以北の札幌駅前通北街区に目を向けてみる。

第3回「再開発ビル巡るゼネコンの受注戦」

2018年09月30日 07時00分
第3回「再開発ビル巡るゼネコンの受注戦」

 道路の拡幅に合わせて行われた札幌駅前通沿いの再開発事業。今回は、南1条からススキノ間で展開された共同ビル建設を巡るゼネコン各社の熱い受注線を紙面から拾い上げてみた。

第2回「曲折あった防災街区の再開発」

2018年09月23日 07時00分
第2回「曲折あった防災街区の再開発」

 「日本一の超大ビル計画」「延べ8万8千平m 43年着工で準備」―。やや大げさとも思える見出しが、1966(昭和41)年12月2日付に登場する。第1回で紹介したように1960、70年代の札幌市の中心市街地では、木造の低層店舗が立ち並ぶ街区をビル化する事業が盛んに行われた。札幌を代表する商店街「狸小路」の5丁目(南2、3条西5丁目)全域を対象に構想されたこの計画の経緯をたどると、再開発の難しさの一端が分かる。

第1回「街並みつくった防災建築街区造成」

2018年09月16日 07時00分
第1回「街並みつくった防災建築街区造成」

 1962(昭和37)年から数年間の北海道建設新聞を見ると、「防災街区」や「防災ビル」といった見出しを伴った記事が連日のように登場する。「防災」とは、市街地の不燃化による再開発を後押しする防災建築街区造成事業のことで、同事業の根拠となる防災建築街区造成法は61年6月1日に制定されている。札幌では、南1条からススキノの札幌駅前通沿いや狸小路地区などを対象に同事業による店舗の共同化(ビル化)が集中的に行われ、今日の街並みを形成した。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,758)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。