「港湾」に関する記事

後志管内18市町村の過疎地域発展計画

2021年11月10日 09時00分

 後志管内18市町村の過疎地域持続的発展計画が出そろった。小樽市の第3号埠頭再開発や4町での道の駅再編など、基幹観光施設の整備で産業振興を目指す。市町村道の改良や公住の建て替え・長寿命化といった生活環境、学校施設改修など教育環境の改善に向けた事業を掲げる自治体も多い。2045年までに人口が半減すると試算されていて、減少傾向に歯止めをかけ地域活性化につなげる考えだ。

関連キーワード: 住宅 地域振興 学校 港湾

回転!始動!北の洋上風力(下)道内再生エネ促進に課題

2021年10月06日 13時00分
回転!始動!北の洋上風力(下)道内再生エネ促進に課題

 高い潜在力を背景に計画の進む北海道の洋上風力発電。しかし系統制約、投資リスク、港湾整備など解決すべき課題も多い。2050年までの脱炭素社会の実現に向けて、巨大投資によるインフラ整備、官民連携の枠組みづくり、技術開発など多様な側面からのアプローチが進められている。

関連キーワード: エネルギー 北の洋上風力 港湾

4年越し復旧へ 留萌港で倒壊した灯台を再建

2021年10月02日 10時00分
4年越し復旧へ 留萌港で倒壊した灯台を再建

 4年越しの灯台本復旧へ―。留萌港西防波堤の整備と灯台本復旧が着実に進んでいる。留萌開建は27日、同開建が発注し堀松建設工業が手掛ける留萌港ほか1港防波堤その他建設の現場で記者説明会を開いた。2017年12月の暴風雪で倒壊した灯台を再建するもので、細心の注意を払って新たな灯台が設置された。

関連キーワード: 港湾 留萌

稚内港末広埠頭岸壁改良が全建賞に

2021年07月23日 10時00分
稚内港末広埠頭岸壁改良が全建賞に

 稚内開建稚内港湾事務所が発注した稚内港末広埠頭岸壁改良が、全日本建設技術協会の2020年度全建賞(港湾部門)に選ばれた。既存施設を活用したドルフィン形式で改良し、工期を通常の半分以下に短縮した点などが評価された。

関連キーワード: 土木 宗谷 港湾

開発局が海藻のCO₂吸収に着目 釧路港や函館港で検討 

2021年06月08日 10時00分
開発局が海藻のCO₂吸収に着目 釧路港や函館港で検討 

 北海道開発局は、地球温暖化の緩和策として海藻が二酸化炭素(CO₂)を吸収するブルーカーボンに着目し、道内港湾への展開を目指している。2021年度は、釧路港東港区で育成している海藻の自然環境のほか、有機物が混じっている函館港西防波堤の背後盛り土の性質を整理。それぞれでCO₂の固定量の定量化について評価、検討する。

関連キーワード: 国交省 渡島 港湾 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,368)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (12,280)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,363)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,294)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,157)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。