「 港湾」に関する記事

若竹の防波堤を機能回復 小樽港マリーナ港口老朽化対策

2020年09月08日 10時00分

 小樽市は、若竹地区にある防波堤の機能回復を計画している。小樽港マリーナ港口の防波堤91㍍に老朽化対策を施す事業で、2020年度は実施設計と地質調査を進める。マリーナの運営会社と協議し、新設か大規模補修かを選択するため、現時点で工法、事業費、事業期間は未定となっている。

関連キーワード: 後志 港湾

苫小牧東港の温度管理型冷凍冷蔵庫が津波一時避難施設に

2020年09月02日 15時00分
苫小牧東港の温度管理型冷凍冷蔵庫が津波一時避難施設に

 苫小牧市と苫小牧埠頭(本社・苫小牧)、北海道クールロジスティクスプレイス(同)は8月28日、苫小牧東港の温度管理型冷凍冷蔵庫会議室で、津波一時避難施設としての使用に関する協定を締結した。津波が発生した際、同冷凍冷蔵庫屋上などを避難場所として使用するためのもので、岩倉博文市長と海津尚夫社長が協定書を交わした。

関連キーワード: 港湾 災害 物流 胆振

室蘭開建の2事業が全日本建設技術協会の19年度全建賞に

2020年08月05日 15時00分
室蘭開建の2事業が全日本建設技術協会の19年度全建賞に

 室蘭開建が所管する室蘭港築地地区岸壁西マイナス9m改良、日高幌内川河道閉塞緊急対策の2事業が、全日本建設技術協会の2019年度全建賞に選ばれた。物理的、時間的制約が大きい中、優れた技術や施工の工夫によって事業を完遂した点が高い評価を得た。

関連キーワード: 土木 河川 港湾 胆振

「苫小牧西港新聞」市内で掲示 仙台市の小学生が製作

2020年08月01日 10時00分
「苫小牧西港新聞」市内で掲示 仙台市の小学生が製作

 日本海事広報協会が主催するジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞の小学生部門で、2019年度協会会長賞を受賞した「苫小牧西港新聞」が苫小牧市内3カ所で掲示されている。作者は仙台市立荒町小に通う高橋慧さん。フェリー利用者の目線から港湾整備の重要性を伝えた力作だ。

関連キーワード: 港湾 胆振

日本海側の拠点港に 小樽港長期構想計画素案

2020年07月22日 15時00分
日本海側の拠点港に 小樽港長期構想計画素案

 小樽市は、小樽港長期構想計画の素案をまとめた。日本海側の物流・交流拠点港としての発展を基本理念に設定。短中期のハード対策には、勝納ふ頭でフェリーターミナル機能集約と耐震強化岸壁の整備、第2号ふ頭拡張などを盛り込んだほか、将来的にはクルーズ船の5隻同時受け入れを可能とする、第3号ふ頭の拡張を構想している。<

関連キーワード: 後志 港湾 物流 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,046)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,189)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,505)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,155)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,149)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。