「港湾 - Page 3」に関する記事

海上地盤改良6月公告へ 苫小牧港東港浜厚真地区

2022年05月26日 17時16分
海上地盤改良6月公告へ 苫小牧港東港浜厚真地区

 室蘭開建は、苫小牧港東港区浜厚真地区複合一貫輸送ターミナル整備の初弾となる海上地盤改良を6月中旬にも公告する。供用中の周文ふ頭第2岸壁南側に新設する水深9mの耐震強化岸壁施工場所が対象。岸壁本体は鋼管による矢板式係船岸で延長270m。同ふ頭の第1岸壁として2026年度の暫定供用を目指す。

関連キーワード: 国交省 港湾 胆振

室蘭市が港湾施設整備に2.3億円 室蘭港祝津絵鞆改修など

2022年04月12日 17時10分
室蘭市が港湾施設整備に2.3億円 室蘭港祝津絵鞆改修など

 室蘭市は2022年度の港湾施設整備に2億3769万1000円を投じ、老朽化が進む室蘭港祝津絵鞆地区荷さばき地改修をはじめ、築地、崎守地区の岸壁改修を継続する。工事はいずれも6月に公告する見通しだ。21年度に改定した港湾計画に基づく絵鞆臨海公園拡張の着手も予定。実施設計を7月にも指名し、23年度の着工に備える。

関連キーワード: 港湾 胆振

商船三井客船のクルーズ船「にっぽん丸」が室蘭港に寄港

2022年04月03日 10時00分
商船三井客船のクルーズ船「にっぽん丸」が室蘭港に寄港

 室蘭港中央埠頭旅客船バースに29日、商船三井客船の「にっぽん丸」が接岸した。新型コロナウイルス感染症拡大でクルーズ船の寄港が中断されていたため、室蘭港へのクルーズ船寄港は約2年半ぶりとなる。

関連キーワード: 港湾 胆振 観光

CO₂貯留効果は森林の2.4倍 釧路港島防波堤人工藻場

2022年03月12日 10時00分
CO₂貯留効果は森林の2.4倍 釧路港島防波堤人工藻場

 ブルーカーボンによる二酸化炭素(CO₂)貯留効果を確認―。北海道開発局は、釧路港の島防波堤近くに埋設した人工の藻場が、少なくとも年間1.9t程度のCO₂を貯留していると公表した。この効果は、森林の単位面積当たりの吸収量と比べ2.4倍に上る。開発局が主導する検討会が貯留効果の定量化を実施。新たなCO₂吸収源として、ブルーカーボンのインベントリ登録(温室効果ガス排出・吸収目録)に向けた政府の動きに拍車を掛けそうだ。

関連キーワード: 港湾

苫小牧港東港浜厚真複合一貫輸送ターミナル整備が事業化

2022年03月08日 17時24分
苫小牧港東港浜厚真複合一貫輸送ターミナル整備が事業化

 2022年度の新規事業化が認められた苫小牧港東港区浜厚真地区複合一貫輸送ターミナル整備で、苫小牧港管理組合は6、7月に調査、設計業務3本を一般競争入札する見通しだ。室蘭開建は22年度の実施設計と着工を目指す。

関連キーワード: 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。