「留萌 - Page 2」に関する記事

経営体朱文別地区の23年度以降残事業費は6.3億円

2022年12月12日 16時45分

 留萌振興局農村振興課は、増毛町で事業展開している経営体朱文別地区について、2023年度以降の残事業費に6億3462万円を試算している。区画整理で農地の大区画化を図るとともに用排水路の整備なども進めて生産性向上につなげる。

関連キーワード: 留萌 農業

道北・空知で広がる市町村入札参加資格共同審査

2022年12月09日 16時40分

 北海道建設技術センターが受け付ける建設工事等の市町村入札参加資格共同審査で、上川・宗谷・留萌・空知管内の計65市町村中、3割に当たる19市町が2023・24年度の共同審査に参加する。今回は参加を見送ったものの、次回25・26年度の新規参加について「検討中」「検討する」「検討したい」が23市町村に上っており、今後さらに共同審査が広がりそうだ。

関連キーワード: 上川 入札制度 宗谷 留萌 空知

道道増毛港線無電柱化 留萌建管が24年度事業化目指す

2022年12月07日 17時00分
道道増毛港線無電柱化 留萌建管が24年度事業化目指す

 留萌建管は、増毛町市街地で進める道道増毛港線の無電柱化について、2024年度の事業化を目指している。22年度に引き続き23年度も予備設計を進める。延長770mを対象に電線を歩道に埋設し、防災機能強化や景観向上につなげる。

関連キーワード: 景観 留萌

留萌港ブルーカーボン研究始動 留萌市と北電総研

2022年11月11日 08時00分
留萌港ブルーカーボン研究始動 留萌市と北電総研

 留萌市は、海藻を二酸化炭素(CO₂)の吸収源とするブルーカーボンの推進試験を北海道電力(本社・札幌)総合研究所と共同で始めた。9日に市庁舎で説明会を開き、市の展望や同社が開発した藻礁を披露。同社がブルーカーボンに関し自治体と共同研究するのは初で、海藻を利用した地球環境対策の加速に期待が掛かる。

関連キーワード: エネルギー 留萌

既存施設解体を11月中旬公告 増毛町特養明和園建て替え

2022年11月04日 17時12分
既存施設解体を11月中旬公告 増毛町特養明和園建て替え

 増毛町は、特別養護老人ホーム明和園建て替えに伴う既存施設の解体を、今月中旬にも一般競争公告する。参加要件は単体、共同体どちらも視野に入れていて、細部については詰めている段階。12月上旬の入札を予定している。

関連キーワード: 特養 留萌 福祉

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,520)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,316)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,544)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,106)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,726)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。