空知を語る 24首長

空知を語る 24首長(2)長沼町 戸川 雅光町長

2017年09月12日 18時25分

長沼町 戸川 雅光町長都市近郊型農業生かす施策を

 “北海道で採れる作物はだいたい長沼で採れる”というほどの農業王国・長沼。新千歳空港から近いといった立地の良さを生かしたまちづくりが花開いている。

 ―まちの特徴は何か。

 耕地面積が1万1200haと、まちの面積の70%に当たる。収益が上がる農業を推進していて、大豆の生産は全国一。札幌や新千歳空港も近く、都市近郊型の農業が盛んで、いち早く直売所を始めるなど常に生産者と消費者が交流し、消費者が望む作物を作っている。

 2005年からはグリーンツーリズムにも取り組み、関東や関西から修学旅行生を受け入れている。去年は3000人が訪れ、農家の体験をしてもらったが、ことしは12月に台湾の高校生を受け入れる予定だ。

 ―地域の課題は。

 人口減少、少子高齢化だ。国の地方交付税が減る中、財政は厳しく、地域を存続させるためにも〝もうかる農業〟が重要となる。公共施設の老朽化も課題で、道路や橋梁などを含め30年以上が経過している施設が多い。

 長沼は、昨年の長雨でも被害を受けたが、水害が発生する場所で、さらに地震のリスクもある。災害に備える必要があり、ことしは役場にも72時間の電源装置を設置することにしている。

 ―課題にはどう対応するか。

 人口減少に関しては、保育料を国の基準の半分にしたり、医療費を中学3年生まで無料にするといった子育てがしやすい環境づくりを進めている。また、2018年度の建設を計画している児童館は、汎用(はんよう)性を持った施設にしたいと思っている。

 町ではことし3月にミサワホームとまちづくり包括連携協定を結んだが、今後も地域の維持、発展に向け、民間の力を借りながら取り組んでいく。

 ―今後進めるまちづくりの方向は。

 やはり土地改良事業が鍵となる。町内で進む国営、道営農業農村整備事業により効率良い作業ができると思うが、長ネギやタマネギ農家から土地改良をやりたいという声が挙がっているので、できれば国営事業をもう1地区やりたい。加えて、少し広めの宅地に田園住宅を建設し、移住・定住に向けた取り組みも始めたいと考えている。

 戸川 雅光(とがわ・まさみつ)長沼町出身、1949年1月3日生まれ。初当選は2008年で現在3期目。2017年5月30日付掲載


空知を語る 24首長 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,234)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,678)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,222)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,589)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,537)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。