おとなの養生訓

おとなの養生訓 第16回「趣味の効用」 気分転換、ストレス解放

2013年02月26日 13時31分

 昔のビジネスマンは「無趣味」なんて答える人が多かったものですが、今では、多くのビジネスマンが何かしらの趣味を持っています。では、趣味とはどういうものなのでしょうか。国語辞典をみると、「仕事、職業としてではなく、個人が楽しみとしている事柄」とあります。仕事でないということは、余暇や自由時間に行うことともいえるでしょう。

 でも、人はなぜ、趣味を持つのでしょうか?これには「楽しみ」であるということが重要です。楽しみでないことを趣味にする人はいないはずです。仕事じゃないけど楽しいことだから、続けるというわけです。

 逆に仕事はどういうことか考えて見ます。もちろん、仕事を楽しみだと思っている人も多いと思いますが、「仕事が趣味だ」というのは、辞典の定義から外れることになります。

 仕事は時間的にも、行動的にも多くに制約、強制が伴います。嫌なことでも仕事ならやらなければなりません。同じことを繰り返し行うことも強制されます。でも、そのかわり収入が得られるというわけです。

 つまり、仕事は基本的にストレスであるということです。人は継続的にストレスにさらされ続けると、それを乗り越えるために、ストレスホルモンが体内に分泌され、体の性能を上げ、エネルギーを動員します。

 こうして、大抵のストレスを乗り切るのですが、ストレスが長く続くと、ストレスホルモンを使い切ってしまい、体が急速に疲れ切ってしまいます。体調が悪くなり、精神的にも落ち込んでしまいます。ですから、休みなしで仕事を続けることは、それがどんなに好きなことであっても、体を壊すことになるのです。

 仕事を続けるためには休日が絶対に必要なのです。そして、休日には仕事関係のことをしないことが大切です。そうしないと、ストレスから解放されません。かといって何もしないで過ごすのも難しいわけで、そこで趣味を楽しむことになります。

 趣味による気分転換や、ストレスからの解放に、意義があるのです。とすれば、仕事が趣味というのはあり得ないことになります。また、飲酒が趣味というのも違う気がします。何せ、飲酒は体に対してストレスであることは証明済みだからです。みなさん、「仕事」と「飲酒」以外の趣味を持とうではありませんか。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,162)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,333)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,549)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,141)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,092)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。