おとなの養生訓

おとなの養生訓 第20回「においは慣れる」 精神安定に必要なしくみ

2013年04月30日 17時48分

 人は様々な感覚を持っていますが、その多くで「慣れる」という現象が起きます。例えば、冬の寒さでかじかんだ手足のままでお風呂につかると、手足はお湯を熱く感じて、思わず引っ込めたりしています。でもそこを我慢して入っていると、次第にお湯の温度に慣れてきて、丁度いい加減…なんて具合です。

 人の感覚の中で、一番慣れやすいとされているものが、においの感覚、つまり嗅覚です。例えば、尾籠な話で恐縮ですが、他人が用を足したすぐ直後にトイレに入ると、そのにおいに閉口するものです。ところが、その後、自分が用を足しているうちに、そのにおいは次第に気にならなくなってしまいます。トイレに入るという僅かな時間に、においに慣れてしまったからなのです。

 においに慣れやすいというのは、人や動物にとって大事なしくみと考えられます。実は、どんなにきれいな空気の中にも、においを生じる物質が、たくさん含まれています。もし、これらのにおいを常に感じているとすると、その煩わしさで人は落ち着かなく、精神の安定を失うかも知れません。

 でも、慣れてしまえば、そのにおいは存在しないことになります。また、例えば急に危険なガス漏れなどが起こり、新たなにおいが生じたとすると、そのにおいは慣れていないから、素早く感じ取って危険を察知することが出来ます。もし、普段のにおいに慣れてなければ、新たなにおいをかぎ分けることは出来ないかも知れません。

 においに慣れやすいということは、普段から存在するにおいは感じないということです。なので、人は、自分の体臭や口臭を感じないということです。どんなに強烈な口臭も、ご本人は無頓着です。においに慣れるしくみから考えるとやむを得ないことです。なので、周りに迷惑をかけないためには、「自分には口臭がある」ことを前提にして対処するしかありません。

 例えば、喫煙は口腔内を乾燥させ、これが雑菌の増殖を促すので、必ず口臭が生じます。そして缶コーヒーはコーヒーのにおいに加えて、含まれている大量の糖分のせいで雑菌が大繁殖するので、口臭がすごいのです。缶コーヒー飲みながら一服するのが大好きなあなた、間違いなくすごい口臭ですよ、気がつかないだけです…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,092)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,367)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,668)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,485)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,217)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。