おとなの養生訓

おとなの養生訓 第59回「肥満と脂肪」 ポッコリおなか要注意

2014年12月12日 15時29分

 肥満は現代人を悩ませる問題の一つです。肥満の程度を示す指標としてBMI(体格指数)が使われます。これは、体重(kg)を身長(m)で2回割ることで算出されます。

 BMIが22なら標準体格ということになり、25以上を肥満、30以上を高度肥満と分類します。厚生労働省の調査によれば、日本人の約3割の人は25以上であることが分かっていて、今後も増える傾向があります。

 体重が増える原因は、ご存じのように体に脂肪が増えることです。それならば、脂肪がたくさん含まれている食べ物を食べなければ、脂肪はつかないのでしょうか?脂肪がたくさん含まれているのは、肉類、魚卵、青魚、バターなどの乳製品、揚げ物、ナッツ類などです。

 しかし、これらの食べ物を控えても、体重が減らないと悩んでいる人も多いものです。脂肪を控えても、糖分を含み、脂肪がほとんど含まれないお米、小麦粉、お蕎麦などをたくさん食べると、やっぱり体に脂肪がつくからです。

 人の体では、食べ物が持つエネルギーを利用して細胞で代謝を行い、生命を維持しています。これに必要なエネルギー量を所要エネルギー量といいます。食べ物として摂取されるエネルギー量と所要エネルギー量が同じなら、体には変化は起こりません。

 しかし、摂取されるエネルギー量が所要エネルギー量を超えると、余ったエネルギーは糖分であっても、タンパク質であっても、すべて脂肪として蓄えられます。

 なぜなら、脂肪はもともと水に浮かぶくらい軽いもので、同じエネルギーを物質として貯蔵するには糖質などより脂肪の方が有利なのです。そこで、ご飯を食べても、うどんを食べても、余った分は脂肪になるのです。

 でも、どんなに有利であっても、脂肪がたくさんたまると、結局体重が増えます。この場合、一番先に脂肪がたまるのがおなか周りです。BMIが正常範囲の人で、おなかがポッコリしてきたら要注意というわけです。

 体重を減らす決め手は、食べ物に含まれる総エネルギー量を、つまり「カロリー」を減らすことです。なので、脂肪の多い食品を極端に減らす必要はありません。脂肪の多い食品だけ減らそうとすると、食事が単調になり、早々に嫌気がさして、減量に失敗することになるからです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.3k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.8k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.6k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.5k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 空き家で拓く未来

空き家で拓く未来
道内の空き家を巡る状況が変化している。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第195回は「オフィスでの感染対策」。マウスやキーボードの消毒や、室内の換気をこまめに行いましょう。