おとなの養生訓

おとなの養生訓 第65回「朝風呂の功罪」 サッとつかり冷え防ぐ

2015年03月13日 16時34分

 朝はとかく忙しいものですが、それでも朝風呂に入る人がいます。朝シャンプーや朝シャワーもかなり一般的になりましたから、どうせならと湯船につかる人もいるでしょう。前の晩に遅く帰宅して、風呂に入らずにすぐに寝てしまったということもあるのでしょう。ところで、朝にお湯につかること、体にはどのような影響があるのでしょうか。

 まず、効用とされる点としては、目覚めを促し体の動きを良くするということがあります。特に熱めのお湯につかると交感神経が活動し、全身の血の巡りがよくなります。これにより頭や体が「目覚める」という訳です。

 また、血行が改善すると新陳代謝がうながされますので、カロリー消費がすすみます。その効果が朝により強くなるという説があり、ダイエット効果が期待できるといわれます。就寝中は結構汗をかくので、体の汚れを落として、清潔な体で一日がスタートできることも効用の一つでしょう。

 一方で、弊害も指摘されています。一つは、ぬるめのお湯につかると、副交感神経の活動が活発になり、体がリラックスモードになる可能性があることです。つまり、なんとなく体が重く感じ、朝に順調なスタートが切れなくなるということです。

 元来、朝は日中に備えて交感神経の活動が高まってきます。そこで熱めのお湯に入ると、交感神経の活動はますます高まり、血圧が上がり心臓に負担がかかります。ですので心臓病や高血圧の持病がある方にはおすすめできません。

 また、就寝中に相当量の水分が失われますので、朝の体は基本的に水分不足になっています。そこで入浴すると脱水状態に陥る可能性があるので、とくに脳梗塞の危険性が高くなります。さらに、入浴後は血管が開いて体の熱が失われやすくなっていますので、入浴後に外出すると体が冷えてしまう可能性があります。

 というわけで、朝風呂は功罪相半ばするというところです。私としては温泉宿の朝風呂なんかとても好きですし、結構、朝にシャワーを使うことも多いので、朝風呂は否定しません。

 40から41℃ぐらいの適温でサッとお湯につかって、上がった後の湯冷めをしないようにして、給水をこころがければ、さわやかな朝のスタートになるのではないでしょうか。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,194)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,814)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,994)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,919)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,243)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。