おとなの養生訓

おとなの養生訓 第65回「朝風呂の功罪」 サッとつかり冷え防ぐ

2015年03月13日 16時34分

 朝はとかく忙しいものですが、それでも朝風呂に入る人がいます。朝シャンプーや朝シャワーもかなり一般的になりましたから、どうせならと湯船につかる人もいるでしょう。前の晩に遅く帰宅して、風呂に入らずにすぐに寝てしまったということもあるのでしょう。ところで、朝にお湯につかること、体にはどのような影響があるのでしょうか。

 まず、効用とされる点としては、目覚めを促し体の動きを良くするということがあります。特に熱めのお湯につかると交感神経が活動し、全身の血の巡りがよくなります。これにより頭や体が「目覚める」という訳です。

 また、血行が改善すると新陳代謝がうながされますので、カロリー消費がすすみます。その効果が朝により強くなるという説があり、ダイエット効果が期待できるといわれます。就寝中は結構汗をかくので、体の汚れを落として、清潔な体で一日がスタートできることも効用の一つでしょう。

 一方で、弊害も指摘されています。一つは、ぬるめのお湯につかると、副交感神経の活動が活発になり、体がリラックスモードになる可能性があることです。つまり、なんとなく体が重く感じ、朝に順調なスタートが切れなくなるということです。

 元来、朝は日中に備えて交感神経の活動が高まってきます。そこで熱めのお湯に入ると、交感神経の活動はますます高まり、血圧が上がり心臓に負担がかかります。ですので心臓病や高血圧の持病がある方にはおすすめできません。

 また、就寝中に相当量の水分が失われますので、朝の体は基本的に水分不足になっています。そこで入浴すると脱水状態に陥る可能性があるので、とくに脳梗塞の危険性が高くなります。さらに、入浴後は血管が開いて体の熱が失われやすくなっていますので、入浴後に外出すると体が冷えてしまう可能性があります。

 というわけで、朝風呂は功罪相半ばするというところです。私としては温泉宿の朝風呂なんかとても好きですし、結構、朝にシャワーを使うことも多いので、朝風呂は否定しません。

 40から41℃ぐらいの適温でサッとお湯につかって、上がった後の湯冷めをしないようにして、給水をこころがければ、さわやかな朝のスタートになるのではないでしょうか。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,017)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,639)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,410)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,112)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,971)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。