おとなの養生訓

おとなの養生訓 第94回「糖質制限」 素人の〝生兵法〟は危険

2016年07月08日 17時46分

 糖質制限ダイエットが大流行です。そのやり方は、糖質、あるいは炭水化物を含むご飯やパン、麺類などの食材を完全にメニューに入れないで、必要なエネルギーはタンパク質と脂質で取るというものです。糖質さえ取らなければ、肉や脂肪分はいくら食べてもいいというので、簡単で空腹に悩まなくてもいいということで、一気に広まってしまいました。

 実際、言われる通り糖質を取らないでいると、すぐに効果が表れ、1週間もすると目に見えて体重が減って痩せてきます。この方法で5㌔以上の減量に成功した人はたくさんいて、この方法を中心に据えたダイエット指導で爆発的な人気のスポーツジムもあります。あのコマーシャルで盛んにやっているあれです。

 元々、糖質制限法は治療がなかなかうまくいかない糖尿病の患者さんに対する食事療法として開発されました。実際、医師の指導管理の下で、糖質制限食による治療を行うと、それまでどんな薬やカロリー制限食もうまくいかなかった患者さんの血糖がどんどん下がって、もはや糖尿病が完治、という人もいるというのです。一方で、うまくいかない人も当然いるので、患者さんに全面的に適用するには、まだ検討が必要なようなのです。

 この糖質制限の劇的な効果に注目して、健康な人のダイエット法として使いだしたのが、今はやっている糖質制限なのです。しかし、糖質制限を続けると体重は落ちるけど、他の病気になる可能性が上がるらしく、5年以上で死亡率がむしろ上がるという研究もあります。

 また、直接の因果関係は不明ですが、糖質制限に積極的だった有名ジャーナリストと政治家が相次いで急死していたりします。つまり、素人が生兵法で取り入れるには、まだまだ危険性があるということではないでしょうか。実際に、糖質制限を始めると、たくさん食べているのに、体に力が入らないとか注意力が散漫になるとか、イライラするとか、弊害も報告されています。

 私見を述べれば、糖尿病の治療法としての糖質制限食は有効だと思います。ただ、医師の管理監督が必要でしょう。一般の方々のダイエット法として、糖質制限法はそれなりのリスクがあることを考えて、安易に取り入れない方が良いと思います。もしやるのなら、完全に糖質ゼロにするのではなく、体に力が入る程度にはご飯などを食べて、運動を組み合わせるべきでしょう。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,716)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,499)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,203)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (823)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。