おとなの養生訓

おとなの養生訓 第95回「昼食」 仕事量考え食事決める

2016年07月22日 17時56分

 毎日忙しく働くビジネスマンにとって、昼食は非常に大事なものです。昔の日本は朝と夜の1日2回の食事だったそうですが、昼に重労働をする農家や武士などを中心に、労働に必要なエネルギー補給のため昼食を食べるようになったといわれています。つまり、仕事をこなすためには昼食が欠かせないという訳です。やはり、どんなにたくさん食べても、朝食だけでは1日は乗り切れません。適切な量の昼食が欠かせないのです。

 3食の中で、朝と昼を多めにして、夕食を少なくすると、太りにくいとされています。夜に比べて、昼の方が体の代謝が活発になり、食べたものが十分に燃焼されてしまうからだといわれます。そうすると、仕事を考慮に入れると、昼食こそしっかり食べるべきであるといえるのです。

 600kcalは、ただ、普通の幕の内弁当や普通のラーメン1杯ぐらいに相当します。午後にデスクワークが中心なら、これぐらいがいいところでしょう。よく見られる、お昼にざるそば一杯ではやや足りない感じになります。

 一方、カツカレーやスパゲティの大盛りだと、1000kcal近くになります。午後に肉体を使う仕事や遠出の営業などがあれば、これぐらいでもいいかもしれません。つまり、昼食のメニューを考えるときは、午後の仕事も考えたうえで、決めるのがいい方法です。

 昼食というと、食べた後に眠気が起こりやすいのが、悩みの種です。人は1日のリズムの中で、夜とお昼に眠気が生じやすいとされています。最近の研究では、お腹一杯になると、脳の活動が鈍くなる効果もあると報告されています。つまり、昼食後はどうしても眠くなります。

 一つの対処法は、昼食を早めに済ませて、残りの休み時間に仮眠をとることです。わずか、5分、10分でも仮眠をとると、それだけで眠気が抜けて、スッキリと午後の仕事に取り掛かれるものです。午後に会議があり、居眠りの危険性が高い場合は、是非とも試してみてください。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.5k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
伊藤組土建が首位に 20年度上半期のゼネコン道内受...
2020年11月12日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。