おとなの養生訓

おとなの養生訓 第95回「昼食」 仕事量考え食事決める

2016年07月22日 17時56分

 毎日忙しく働くビジネスマンにとって、昼食は非常に大事なものです。昔の日本は朝と夜の1日2回の食事だったそうですが、昼に重労働をする農家や武士などを中心に、労働に必要なエネルギー補給のため昼食を食べるようになったといわれています。つまり、仕事をこなすためには昼食が欠かせないという訳です。やはり、どんなにたくさん食べても、朝食だけでは1日は乗り切れません。適切な量の昼食が欠かせないのです。

 3食の中で、朝と昼を多めにして、夕食を少なくすると、太りにくいとされています。夜に比べて、昼の方が体の代謝が活発になり、食べたものが十分に燃焼されてしまうからだといわれます。そうすると、仕事を考慮に入れると、昼食こそしっかり食べるべきであるといえるのです。

 600kcalは、ただ、普通の幕の内弁当や普通のラーメン1杯ぐらいに相当します。午後にデスクワークが中心なら、これぐらいがいいところでしょう。よく見られる、お昼にざるそば一杯ではやや足りない感じになります。

 一方、カツカレーやスパゲティの大盛りだと、1000kcal近くになります。午後に肉体を使う仕事や遠出の営業などがあれば、これぐらいでもいいかもしれません。つまり、昼食のメニューを考えるときは、午後の仕事も考えたうえで、決めるのがいい方法です。

 昼食というと、食べた後に眠気が起こりやすいのが、悩みの種です。人は1日のリズムの中で、夜とお昼に眠気が生じやすいとされています。最近の研究では、お腹一杯になると、脳の活動が鈍くなる効果もあると報告されています。つまり、昼食後はどうしても眠くなります。

 一つの対処法は、昼食を早めに済ませて、残りの休み時間に仮眠をとることです。わずか、5分、10分でも仮眠をとると、それだけで眠気が抜けて、スッキリと午後の仕事に取り掛かれるものです。午後に会議があり、居眠りの危険性が高い場合は、是非とも試してみてください。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,084)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,033)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,542)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,360)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。