おとなの養生訓

おとなの養生訓 第102回「ちゃんぽんと忘年会」 飲酒量忘れ飲み過ぎに

2016年12月09日 18時13分

 一晩に色々な種類のお酒を飲むことを「ちゃんぽん」といいます。ちゃんぽんとは色々なものをまぜこぜにするという意味で、江戸時代から使われてきた言葉です。昔から、ちゃんぽんは酔いが早いとか、悪酔いするとか言われてきました。しかし、色々なお酒を一緒にするのなら、カクテルを飲めばたちどころに酔ってしまうはずですが、そうならないことはご存じのとおり。結局、色々なお酒を飲めば、口当たりが変わって、いつもより量を飲んでしまうから、というのが結論です。

 と、考えると、年の瀬のおなじみの忘年会は、とても危ないということが分かってきます。なぜなら、忘年会はちゃんぽんが不可避だからです。まず宴会の初めに乾杯でスタートしますが、これはビールが定番で、少しおしゃれな会や、クリスマス近くだとシャンパンになったりします。

 シャンパンなら、2杯目はビールに切り替えるでしょうから、すでに2種類。ビールは飽きやすいお酒なので、宴が盛り上がると、日本酒や焼酎などに切り替える人が多く、洋食のメニューならワインに切り替えるでしょう。それもご丁寧に白から赤へ。

 こうしてみると、最低でも2種類、最悪、4、5種類のお酒を、1次会だけで飲んでしまいます。まあ、ここでご帰宅なら問題はありませんが、大イベントである忘年会です。大多数の人は2次会へ移動です。そこでは、ワイン、ウイスキー、カクテル、ビール、焼酎、マッコリなどを選ぶことができます。盛り上がれば、いろいろ飲みたくなります。さらに盛り上がれば3次会。ここで、日本酒やビールに戻る人も多いようです。

 全体を眺めてみれば、忘年会を楽しむ人の大半は、ちゃんぽんになるということです。重ねて断言しますが、ちゃんぽん自体は悪いことではありません。でも、ちゃんぽんすると相当な量を飲むことになります。

 ちゃんぽんを繰り返すと、実際に飲んだお酒の量が分かりにくくなります。あるものは薄く、あるものは濃です。酔いが回ると飲んだ量を忘れがちになることも無視できません。口当たりや味が変わるので、飽きが来ないことも問題です。対処法は、ただ一つ。「忘年会は飲みすぎる」ことを忘れないことです。相当に難しいことは分かっていますが…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。