おとなの養生訓

おとなの養生訓 第105回「エビのしっぽ」 飾りで栄養にはならず

2017年01月27日 13時37分

 ビジネスマンの昼食の定番メニューの一つに天ぷらがあります。天ぷら定食だけじゃなく、天丼、天ぷらそば、幕の内弁当など、添え物としても大活躍しています。その天ぷらのタネといえば、やはりエビです。天丼も天ぷらそばもエビがないと様にならないというか、締まりません。エビ天を食べるだけで少し贅沢な気持ちになったりします。

 ところで、エビ天といえば必ずしっぽがついています。しっぽをはがして料理することは十分可能なのに、なぜか必ずしっぽだけついています。天ぷらだけでなく刺身やすしにもしっぽが定番ですね。どうも見栄えとか、縁起担ぎとかいうのが理由の様なのです。でも、食べ物の一部として出されているので、エビのしっぽを食べる人も少なくありません。

 とくに食通の間では常識とされていることがあります。エビ天丼やエビ天そばを食べるとき、エビ天を食べた後にしっぽだけ脇に置いておいて、すべてを食べ終わったあとに、デザート(?)としてエビのしっぽを食べて締めるのだそうです。結構キザな感じですが、やってみると、口当たりが変わって、確かに締まった感じがしましたね。

 一方で、栄養満点だから、エビのしっぽを食べないのは、もったいないという人たちもいます。いわくエビのしっぽはカルシウムが豊富だというのです。とかくカルシウム不足になりやすい日本人としては、エビのしっぽで補給できるのであれば好都合です。しかし、これはほとんど望み薄だと断言できます。

 エビのしっぽ、つまりエビの殻はキチン質というもので出来ています。これは多糖類に分類される物質です。実は、人はこの物質を消化分解する酵素を持っていません。よく知られている言葉で言い換えるなら食物繊維に相当します。

 また、エビの殻はエビにとっては骨格なのですが、人など哺乳類の骨とは全く違う成分なわけです。ですから、そんなにたくさんのカルシウムが入っているわけでもありません。ましてや消化できないので、含まれているカルシウムも吸収できないわけです。

 消化しやすいように焼いたり、揚げたりすればいいという人もいますが、そうしても、消化吸収はできません。つまり、栄養にならないというのが結論なのです。エビのしっぽは、見栄えのため、キザの道具、という訳です。でも食に飾りは不可欠ですから、私はエビのしっぽ、大好きです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,194)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,814)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,994)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,919)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,243)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。