エンジン01in釧路 市民向け講座から

エンジン01 in 釧路 市民向け講座から②

2018年11月25日 12時00分

「北方領土、先行して2島返還も」

講 師

元防衛相 森本  敏氏
ノンフィクション作家 佐藤 正明氏
ジャーナリスト 田勢 康弘氏

 コーディネーターを務めた元防衛相の森本敏氏は、9月にロシアのウラジオストクで開かれた経済フォーラムで、プーチン大統領が前提条件なしで平和条約を年内に結ぼうと発言したことに触れ、ノンフィクション作家の佐藤正明氏とジャーナリストの田勢康弘氏に今後の展開を尋ねた。

 佐藤氏は安倍晋三首相がこれまで20回以上にわたりプーチン大統領と会う中で事態が進展していないことに疑問を呈し、「お金を出しているだけ。今後についても懐疑的に見ている」と発言した。

 一方、田勢氏は「プーチン大統領がトップのうちに解決しなければ北方領土は返ってこない」と強調。ウラジオストクでの発言についても安倍首相は前向きに捉えてもよかったとし、「これから1年間のうちに取っ掛かりがあれば領土問題は動くかもしれない」と述べた。

北方四島返還の可能性について議論した

 森本氏は「日本側はそもそも4島の帰属を解決した後に平和条約を締結するという前提にある」と、両者の立場の違いを述べた。そして、北方領土返還に先立ち、歯舞、色丹の2島返還の可能性について両氏に訪ねた。

 両氏ともに、先行して2島返還については賛成の立場を取った。しかし、田勢氏は「平和条約を結んで2島の帰属交渉するのがいいとは思うが、日本では受け入れられないのでは」とし、佐藤氏は「安全保障の問題などをきちんと国民に知らせなければならない」とした。

 森本氏は「日本側の原則に沿うと拒否することになると思う。しかし、ロシア側も国際的な立場を考えると、どこかで解決しなければという考えがあるはず」とし、日本は正々堂々と粘り強く交渉を続けるしかないと交渉の難しさを指摘した。

 その後の質疑応答では、北方四島における共同経済活動が領土返還につながるかという質問に対し、森本氏は極東が豊かになることが分かり、ロシア側が自ら動くような国民感情ができれば可能性はあるとした。


エンジン01in釧路 市民向け講座から 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。