エンジン01in釧路 市民向け講座から

エンジン01 in 釧路 市民向け講座から⑤

2018年11月29日 18時00分

「カジノ誘致へ議論しっかりと」

講 師

NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構理事長 大西 雅之氏
フューチャーデザインラボ会長 竹原 啓二氏
マーケティングコンサルタント 西川 りゅうじん氏

 NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構理事長の大西雅之氏は、釧路の将来を考えたときに湿原や阿寒湖、アイヌ文化などが観光の売りになるとし、IR(統合型リゾート)誘致の重要性を強調した。その上で、世界の観光都市と比較すると「昼は自然があるものの、夜に楽しめる場所がなければ長続きしない」と訴えた。

 フューチャーデザインラボ会長の竹原啓二氏は「日本が劇的な構造変化を迎える中、いろいろなチャレンジをしなければならない」とし、日本らしさを前面に出した今まで見たことがないような観光コンテンツの重要性を挙げた。

カジノが持つ可能性や方向性を語った

 マーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏はこれらの意見を踏まえ、日本にはモナコやバーデンバーデン(ドイツ)のようなヨーロッパ型のカジノが向いているとし、「鉄火場ではない大人の社交場のようなカジノを目指すべきだ」と述べた。

 大西氏は自らが訪れたバーデンバーデンのカジノについて「たった500人規模なのに、老若男女が着飾り社交場として振る舞う素晴らしいカジノだった」と称賛し、「この規模であれば阿寒湖温泉でもできると感じた」と自信をのぞかせた。

 西川氏はカジノを誘致するならば、どのようなコンセプトにすべきかと問題を提起。「北海道らしさ、釧路らしさを考えなければならない」とし、アメリカのラスベガスにあるシーザース・パレスのようにネーティブアメリカンの文化を前面に押し出した例を挙げた。

 大西氏はアイヌ文化を中心としたコンセプトの展開に賛同した。また、阿寒湖温泉でアイヌの人々とカジノについて議論した際の様子を紹介し、「はじめはカジノに懐疑的だったものの、ネーティブアメリカンカジノの成功例を見て考え方が変わった」と振り返った。

 講演の結びとして西川氏はIRを誘致するかどうかをきちんと議論した上で、「誘致するのであれば北海道・釧路の歴史や文化を生かせるカジノにしなければならないが、一緒に組む事業者も重要になってくる」と強調した。


エンジン01in釧路 市民向け講座から 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,134)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,365)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,538)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,379)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,069)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。