おとなの養生訓

おとなの養生訓 第150回「おもち」よくかみ唾液を混ぜる

2018年12月28日 07時00分

 もうすぐお正月です。お正月といえば、おもちを思い出す人も多いと思います。お雑煮はもちろん、きな粉もち、磯辺巻きなど、様々な料理として楽しめます。しかし、残念ながら、お正月はおもちによる窒息事故が急増する時期でもあります。毎年、各方面からおもちの事故に対する警告、警戒が発せられているにも関わらず、事故は減りません。自分だけは大丈夫と、皆さんが思っているからなのでしょう。しかし、おめでたいはずのお正月が、一転悲劇に変わってしまう訳です。用心に越したことはありません。

 なぜ、おもちで窒息が起こるのでしょうか。「そりゃ、のどに詰まるからだ」と言ってしまえば、そうなんですが、おもちは他の食材にくらべて、詰まりやすい性質がそろっているのです。まず、どこに詰まるのかということです。

 のど全体におもちが詰まっているということは、意外とありません。実際は、のどに引っかかるのです。引っかかる場所は喉頭蓋(こうとうがい)です。喉頭蓋は、食べ物がのどを通過するときに、気管に食べ物が入らないように蓋をするものです。おもちは粘り気があるので、閉まろうとする喉頭蓋に引っかかって、のみ込めなくなってしまうのです。のどのこのあたりはとりわけ狭くなっているので、引っかかったおもちがのどを塞いでしまうのです。

 よくかまないでのみ込むから窒息すると言われますが、普通にかんでのみ込んだとしても、引っかかる恐れがあるのです。引っかからないためには、もちろんよくかんで、十分小さくすることも大事ですが、かむことで、唾液をおもちによく混ぜ込むことが重要です。唾液のネバネバ成分で小さくしたおもちを
包み込んで、のどの粘膜との間の摩擦を減らすことが肝要です。

 お年寄りはのどの粘膜が乾燥しがちになっているので、おもちがのどにくっつきやすくなっているので、なおさらです。摩擦を減らすという意味では、おもちを食べるときに、汁や飲み物を合わせるのも方法です。そうすると、汁たっぷりのお雑煮は最適といえます。一方、おもちをきな粉でまぶしている場合は要注意です。

 おもちで正月を祝うのですから、あわてず騒がず、心静かに、ゆっくりと味わう心掛けが肝要だと思います。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,965)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,992)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,602)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,339)
コープさっぽろ 札幌・新琴似に新店舗 完成は11月
2019年07月01日 (1,273)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。