おとなの養生訓

おとなの養生訓 第159回「連休の後遺症」 疲労に加えストレスも

2019年05月10日 07時00分

 今年のゴールデンウィークは空前の10連休でした。もちろん、国民全員が10日間休んだわけではないと思いますが、それにしても、かなりの人は10連休になったと思います。連休といえば必ずテレビに出るのが、行楽地と交通機関の混雑ぶりです。とくに高速道路の渋滞は一種の風物詩となっています。という訳で、連休を楽しむために混雑に遭遇して、すっかり疲れてしまった人がたくさんいます。10連休では最後の数日は、むしろ、早く仕事に戻りたいと思っていた人も多いかもしれません。仕事より連休の方が疲れるというのは、まさに本末転倒です。

 かといって、仕事に復帰しても、数日は調子が上がりません。体のリズムが日常の仕事モードになっていないからです。連休中の疲れを持ち越している人も多いみたいです。下手をすると、仕事上の失敗につながるかもしれません。何せ、疲れているのに連休のために仕事は山積みになっているのですから。

 やはり、日本人は休暇の使い方が下手なような気がします。昔の話になりますが、アメリカにいた時、長いバケーションを取った後の職場のメンバーはみんな元気で、職場に戻ってきたことを残念に思っていたようです。「まだまだ楽しみたかった」と。やはり、連休は疲れをいやして持ち越さないような楽しみ方を選ぶべきなのです。一番良くないのは、「せっかくの連休だから、普段できないことをしよう!」と無理をすることです。

 ところで五月病って、日本特有の症状だって、ご存知でしたか?ゴールデンウィークがない欧米では聞かない表現なのです。日本は4月が年度替わりなので、新入や転勤、異動など、職場の環境が激変します。そのストレスを何とかしのいで、4月を乗り切ると、ゴールデンウィークがくるのです。折角、職場に慣れ始めたころに、連休があるので、リズムが狂ってしまいます。

 そこで、連休に仕事以外のことをして、連休明けに仕事に戻ると、体力的な疲労に加えて、仕事のリズムに戻れなくて、ストレスがかかります。結果として、仕事に熱中できず、ぼんやりして、場合によっては、気分が下がってしまい、うつ状態となるのです。大学では連休明けに、急に自主的欠席が増えるのです。これが五月病の正体です。

 本当は、連休は6月ぐらいがいいのではと思っています。休日はいわれがあるから、日付は変えられないのは十分承知なのですが…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。